トップページ > 最新情報 > アップルCEOティム・クック氏、米国国会ハイテク特別委員会議長と会談
2014年12月4日 11時01分

読了まで 141

アップルCEOティム・クック氏、米国国会ハイテク特別委員会議長と会談

Capital Hill


アップルのCEO(最高経営責任者)Tim Cook氏は今週ワシントンD.C.を訪問し、テクノロジー政策について、少なくとも上院議員一人と会談したもようだとアメリカ議会に詳しいニュースサイトThe Hillが伝えています。Cook氏はユタ州選出で、ハイテク特別委員会の議長を務める共和党上院議員Orrin Hatch氏と意見交換を行った模様です。

議会はアップルをはじめとする米国のハイテク企業を後押し

上院議員のHatch氏は2015年1月から始まる次期国会でハイテク産業のInnovation Agenda「改革の行動計画」について議論を始める予定です。議題には、ハイテク企業を対象に特許権を行使して賠償金を請求するようなパテントトロールの問題、取引での機密情報の保護、サイバーセキュリティの強化、規制緩和など、アップルのようなハイテク企業には特に重要な内容が含まれています。
 
会談の内容についての詳細は明らかにされていません。またCook氏がワシントンD.C.に滞在中、Hatch氏以外の上院議員と会ったかどうかは今のところ分かっていません。Cook氏は滞在中、世界AIDSデーを支援する(RED) のCEOであるDeborah Dugan氏と共にジョージタウンのAppleStoreを訪問していました。
 
 
参照元 : MacRumors
執 筆 : リンゴバックス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる