iOSに対応した簡単に自撮りができる手のひらサイズのヘリコプター「ZANO」 - iPhone Mania
トップページ > 便利グッズ・Apple製品向けアクセサリー > iOSに対応した簡単に自撮りができる手のひらサイズのヘリコプター「ZANO」
2014年12月3日 11時38分

読了まで 223

iOSに対応した簡単に自撮りができる手のひらサイズのヘリコプター「ZANO」

ZANO


 
一時期かなりの勢いで「自撮り棒」が海外で流行りましたが、もっと簡単にベストなタイミングで自撮りを可能にしてくれるのが、手のひらサイズの小型ドローン「ZANO」です。
 

多彩な機能

基本的な操作はスマートフォンで行います。wifi 802.11b/g/nに対応しているので、iPhoneはもちろんのこと、Android系のスマートフォンからでも操作が出来ます。「ZANO」は多彩な機能が魅力です。以下ご紹介します。
 

Hold Position

ZANO
その場に「ZANO」を待機させておく機能です。待機して撮影するのであれば、タイマーをセットしてスマートフォン単体でも同じようなことができますが、空撮なので今までと違った視点での撮影になり楽しいかもしれません。
 
 

Back to Base

ZANO
スマートフォンの画面をタッチするだけで、「ZANO」が戻って来てくれる機能です。またスマートフォンを操作しなくても、ある程度距離が離れたり、バッテリーが低下すると自動でスマートフォンの位置まで戻ってくる機能も備わっています。
 
 

Gesture Control

ZANO
ジェスチャーコントロールに対応しています。グローブ等をしている時に使えますね。個人的に精度が気になるところです。
 
 

Follow me

ZANO
あらかじめ指定した距離を保ちながら操作しているスマートフォンを追尾することが可能です。そして最高速度はなんと、時速約40km。私はこの機能が一番すごいと感じました。自転車だけでなく、山道でのバイクに追尾するのは驚きです。
 
 

飛行時間は10分から15分

詳細なスペックですが、重量は55gで大きさは6.5cm×6.5cm。500万画素のHDカメラで静止画、動画の撮影が可能。最適な飛行距離は約15から30m。最大で15分の連続飛行。バッテリー脱着式となっています。また、LEDライト・高度制御用のソナー・障害物回避用のIRセンサー・気圧センサー・マイクを搭載しています。
 

 
「ZANO」はクラウドファンディングサイトKickstarterで12万5000ポンド(約2,300万円)を目標出資額に設定して出資を募集していましたが、すでに目標を達成することに成功しています。現在、139ポンド(約2万6,000円)の出資で初回限定版の「ZANO」(ブラック)が1台、予備バッテリー1台、12カ月の無料機能アップデート特典を入手できます。
 
ZANO
 
また189ポンド(約3万5000円)の出資では上記に加えて充電ケーブル、限定品の専用ハードケースが入手可能です。
 
ZANO
 
 
参照元:Kickstarter
執 筆:DAIM

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる