トップページ > 最新情報 > Apple Payに対抗、Android Payを中国銀聯が開発中、2015年9月開始
2014年11月29日 14時22分

読了まで 221

Apple Payに対抗、Android Payを中国銀聯が開発中、2015年9月開始

Android Pay
iPhone6/6 Plusで利用できる、アップルのモバイル決済サービスApple Payは、サービス開始直後から人気を博し、大きな反響を呼んでいます。同時にNFC技術を利用した決済業界に活気を与えることになりました。しかし、Googleをはじめとする競合他社は、何年も前からAndroid端末上でモバイル決済機能を提供しようとしていますが、うまくいっているとはいえません。ただ、最近はAndroid端末を使って決済されることも徐々に増えてきているようです。

Android Pay、来年9月にサービス開始

中国のChina Business Newsは「Android Pay」と呼ばれる新しいモバイル決済サービスが、2015年の9月頃に開始されるようだと報じています。Android Payは文字通り、Android端末上でApple Payと同じように働く、NFC技術を利用したモバイル決済サービスと考えられます。

GoogleではなくChina Union Payが開発中

Union Pay
報道では、Android Payは中国でクレジット・デビットカードを発行する最大手China Union Pay(中国銀聯)が開発を進めており、Googleが開発しているわけではないようです。Union Payは世界141カ国に対応している銀聯カードを発行しており、決済金額ではVISAに次ぎ世界第2位と巨大な決済ネットワークを提供しています。
 
Union Payが、2015年に新たな決済サービスAndroid Payを提供することになると、同社には既に多くの提携パートナーがあることから、Apple Payよりも速いスピードで市場に広がる可能性があります。

既にスマートフォンメーカーと交渉中

中国のニュースサイトWant China Timesによりますと、Union Payは既にLenovo、Coolpadなどの複数のスマートフォンメーカーと交渉を進めており、Android Payに必要な技術を搭載するように求めているようです。ただし、Apple Payに不可欠なTouch IDに代わる技術は、どうなるのかなどの詳細については明らかになっていません。

Apple Payも来年に開始か

Apple Pay
アップルは最近、中国のアップルユーザー向けにApp Store内で銀聯カードによる決済に対応しており、これまで報道されているとおり、中国ではUnion Payと組んでApple Payを提供するものと思われます。
 
日本でのApple Payサービスの開始についての情報は今のところありませんが、日本よりも中国のiPhoneユーザーの方がApple Payを早く使えるようになるかもしれません。
 
 
参照元 : Business Insider
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる