トップページ > Apple Watch > Apple Watchに関する販売予測をモルガン・スタンレーが発表!
2014年11月23日 11時43分

読了まで 23

Apple Watchに関する販売予測をモルガン・スタンレーが発表!

AppleWatch 販売数予測 モルガンスタンレー
 
現地時間20日、海外メディアの9to5Macはアメリカ・ニューヨークに本拠を置く世界的な金融機関グループ「モルガン・スタンレー」が、2015年発売予定のApple Watchに関する最新の販売予測を発表したことを報じました。

iPhone5以降のデバイスを持つユーザーのうち10%ほどが購入?

Apple Watchに関しては、先日開発者向けに、WatchKitと呼ばれる開発キットが配布されましたが、その記述の中には同デバイスがiPhoneと密接に関係しており、Apple Watch上でアプリケーションを実行するには、iPhoneの存在が必要不可欠であるという内容がありました。
 
このことから、モルガン・スタンレーも同デバイスの購入前提条件として、“iPhone5以降のモデル(iPhone5s、iPhone6/6 Plus)を使用しているユーザー”という条件を設定しており、このうち10%ほどがApple Watchを購入する、と予測しています。
 
また、販売台数規模としては3,000万台程度と予測しており、夏場に発表していた予測と同程度か、やや下振れしている模様です。
 
同行によると、予測した販売数について、まず販売比率である10%という数値については、初代iPadがiPhoneユーザーのうち14%に購入されたというデータに基づいており、現在、iPhone5以降のユーザーは世界中におよそ3億1,500万人程度いることから(保守的に見積もると)およそ3,000万台の販売台数が見込まれる、としています。
 
まずは実機を触ってみないことには何とも言えませんが、Apple Watch自体が独立して動作する端末でないとわかったことにより、ユーザーが限られてしまったことは、販売台数に直結しそうな部分なので残念ですね。もちろん、なにか理由があるような気もしますが(処理速度の問題など)、よりデイリーに使えるような端末にすべく、Appleが今後どのような展開を画策しているのかが気になるところです。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:クロス

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる