トップページ > 最新情報 > 5~10年の間にスマートフォン市場で首位に立つ!Xiaomi会長が抱負を語る
2014年11月22日 00時52分

読了まで 214

5~10年の間にスマートフォン市場で首位に立つ!Xiaomi会長が抱負を語る

Xiaomi thinks it can top Apple and Samsung as world’s largest smartphone maker within a decade   9to5Mac

中国メーカーXiaomiのスマートフォン


 
現地時間20日、海外メディアの9to5Macは、中国メーカーXiaomiの雷軍(Lei Jun)CEOが、“今後5〜10年の間に、スマートフォン市場で(1,2位に立つ)SamusungとAppleを抜き去る”、との抱負を述べたことが明らかになりました。
 
Xiaomiは、最新のスマートフォン市場出荷台数調査(2014年第3四半期)で、HuaweiとLGを抜き、世界3位に踊り出ていることが報告されています。

すでに中国ではAppleを凌ぐシェア、インドでも好調

Apple Xiaomi マーケットシェア 中国 世界
 
スマートフォン市場に参入して今年で4年目のXiaomiは、Googleの前執行役員であるHugo Barra氏を迎え入れ、全世界的にシェアの拡大を見せています(最新のIDCが公表したランキングでは、世界第3位を記録しました)。また、その勢いは、自国である中国とインドにおいてさらに凄まじく、すでに中国では最新の調査統計でシェア15.7%を獲得しており、Appleのシェア4,7%をはるかに凌いでいる状況です。
 
この状況について、Xiaomiの雷軍(Lei Jun)CEOは、”Xiaomiが3年前に自社で初となるスマートフォンを発売した際、このような状況(世界第3位のスマートフォンメーカー)になることを誰も予想していなかったと思う”と語るとともに、“インドでもすでに大きなシェアを獲得している。(人口1位と2位である両国を手中に収めて)Xiaomiは5年から10年の間に世界ナンバーワンのスマートフォンメーカーになるだろう”としています。
 
ただし、iPhoneのデザインそっくりのスマートフォンを発売する、同社を含めた中国メーカーに対しては批判の声も上がっています。特に一番の被害者とも言えるであろうAppleのデザインチーフJony Ive氏は、”(デザインを盗まれることは)不快だ”と発言しており、今後盗作問題でも注目を集めそうです。
 
世界に多くのスマートフォンメーカーが存在する中で、発売からわずか3年の間に現在の地位を確立したのは単純にすごいの一言ですが、今後は自社のオリジナリティなども出していかないと、AppleとSamsungの訴訟合戦の様になっていきそうですね。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:クロス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる