トップページ > Apple Watch > Apple、Apple Watchアプリ開発向けのWatchKitをリリース
2014年11月19日 14時36分

読了まで 142

Apple、Apple Watchアプリ開発向けのWatchKitをリリース

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

apple-watch
 
Appleが開発者向けのソフトウェア開発ツール(SDK)「WatchKit」を正式にリリースしました。

Apple Watchアプリ開発用のSDK

Appleが、2015年発売予定のApple Watchのアプリを開発するためのSDK、WatchKitをリリースしました。同社は先月、11月中にSDKを公開すると発表していました。
 
WatchKitはiOS 8.2 SDK betaの一部としてリリースされています。
 
WatchKitにより、開発者は、Apple Watchの発売に先駆けて、アプリの開発を進めることが可能となります。
 
またWatchKitのリリースと同時に、Apple Watchデザイン関連のリソースをまとめた新たなマイクロサイトを公開しました。開発者は専用サイトで情報を参照できます。

パネルの解像度が明らかに

AppleWatch
 
またこのリソースサイトで、Apple Watchのパネルの解像度が明らかになりました。38ミリは272×340ピクセル、42ミリは312×390ピクセルです。
 
専用チップ「S1」の製造開始が報じられるなど、2015年前半とされる発売が近づいてきました。Apple Watch用にどのようなアプリが開発されるのか、楽しみですね。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : lunatic

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる