トップページ > Mac > Apple、OS X 10.10.1のベータ版を開発者向けに配布
2014年11月4日 09時39分

読了まで 153

Apple、OS X 10.10.1のベータ版を開発者向けに配布

先ほどAppleOS X Yosemiteの最新バージョン(10.10.1)のベータ版を開発者向けに配布したと9to5 Macが伝えています。先月一般リリースされたばかりのYosemiteですが、最新バージョンでは既に機能改善が追加されているようです。

 

10.10.1

主な機能改善は3つ

10.10.1の注意書きによれば、Wi-Fiの接続性能を改善し、Exchangeのアカウントをメールアプリがサポートし、通知センターがさらに改善されるようです。

 

OS X Yosemiteにアップグレードすると、Wi-Fiの繋がりが悪くなったという報告はAppleのサポートコミュニティーでも問題提起されていました。おそらくこの問題を10.10.1は解決するのでしょう。

 

また通知センターには新たなウィジェットを表示できるようになるようです。Yosemiteリリース直後のマイナーアップデートであり、不具合などの修正がメインと予想されますが、通知センター関連の改善では使いやすさの向上も期待できそうです。

一般ユーザーへのリリースはいつ?

ベータ版が配布されたことで、まもなく10.10.1は一般リリースされることになりますが、その時期はいつになるのでしょうか。ちょうど1年前、新OSであったOS X Mavericksは11月16日に10.9.1のベータ版がリリースされ、一般ユーザーへは12月16日に配布されました。

 

前例どおりのプロセスを経るとすれば、OS X Yosemite 10.10.1は12月上旬にはリリースされそうです。しかし最近、AppleのOS更新はあまり評判が良くないので、ぜひ慎重に進めてもらいたいです。
 
 
参照元: 9to5Mac
執 筆: KAZ

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる