トップページ > Mac > 【新型iMac】5K Retinaディスプレイ以外は従来モデルとほぼ同じか
2014年10月22日 22時39分

読了まで 23

【新型iMac】5K Retinaディスプレイ以外は従来モデルとほぼ同じか

iMac 5K 分解


 
ガジェットの修理や分解などで有名なiFixitが、iMac Retina 5Kディスプレイモデルを分解し、中身を公開しています。
 
iFixitによると、ディスプレイ以外は、ほぼ従来モデルと同じ製造メーカー、構造のようです。

修理の容易さは10点満点中5点


 
iFixitは分解後の分析の中で、新型iMacは(旧型から引き続き)、リヤアクセスパネルからRAMを増設することができるとしており、自己責任ではあるものの、アップルのアップグレードなどに頼ることなく自分でメモリも増設できるようです。
 
またプロセッサーやCPUについてもアップグレードが可能ですが、その際にはディスプレイ裏面に貼り付けられている両面テープを剥がす(切る)必要があるとしています。
 
こういった拡張可能性を評価して、iFixitは同モデルの修理のしやすさについて、10段階中「5」と評価しています(値が大きいほど容易となります)。ただしこの微妙な評価からもわかる通り、素人がやるにはあまりにリスクの高い作業と言えそうです。視点を変えると、ディスプレイの製作にビスなどを使用していない点には、アップルの薄さに対するこだわりが感じられますね。
 
そのほかの情報として、iFixitの公開している各パーツごとの製造メーカーは以下の通りです。
 
・ディスプレイ:LG Display
 
・タイミングコントローラー:Parade Technologies
 
・Wi-FiおよびBluetooth 4.0:Broadcom
 
・RAM:SK Hynix
 
・SSD:SanDisk
 
冒頭の通り、ディスプレイ以外は旧型の27インチiMacと同様のようです。もちろん、製造メーカーは同じでも、従来の27インチiMacの4倍、4Kディスプレーより67%多いとされるディスプレイの駆動を支えるため、アップルの発表通り各部品の性能は向上しているようです。
 
 
参照元:iFixit
執 筆:クロス

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる