トップページ > 最新情報 > 次世代iPad Proに搭載される新型CPUの生産をTSMCが受注
2014年10月16日 06時07分

読了まで 144

次世代iPad Proに搭載される新型CPUの生産をTSMCが受注

台湾の半導体製造大手TSMC
2015年にリリース予定の12.9インチ型次世代iPad Proに搭載されるCPUの生産をTSMCが受注したと、台湾メディアのDigitimesが報じています。

新しいCPUのコードネームは?

iPad Proは、現在iPhone6やiPhone6 Plusに搭載されているA8プロセッサーと同じ、20nmプロセスで製造されるCPUを搭載するようです。ただし現時点ではCPUのコードネームが決まっていないため、暫定的にコードネームをA8Xと伝えています。

16日開催のイベントで発表されるのか

iPad Proについては、以前から2015年の早い時期にリリースされるのではないかと言われていました。ただし最近のニュースでは、iPhone6 Plusの生産量増加に伴い、iPad Proの生産時期を遅らせるのではないかと言われています。
 
Apple
 
また過去の報道によると、Wall Street JournalがアップルとTSMCは2015年以降、16nmプロセスによる次世代CPUを共同で開発することに同意したと報じています。次世代CPUの開発についても、台湾の経済日報が「A9」としてTSMCが開発すると報じていることから、iPad Proには新しいCPU「A9」が搭載されるかもしれません。
 
16日に開催されるイベントで、iPad Proの詳細が発表されることに期待したいと思います。
 
 
参照元:Digitimes
執 筆:KSM

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる