トップページ > Mac > さよならMacworld/iWorld ~2015年開催は中止に
2014年10月15日 08時11分

読了まで 151

さよならMacworld/iWorld ~2015年開催は中止に

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

MacWorld
 
米IDG World Expoが主催する、Apple製品の発表および展示が行われてきた「Macworld/iWorld」が、2015年は開催されないことが明らかになりました

Macworld、長い歴史に幕を下ろす

Macworld は1985年にカリフォルニア州サンフランシスコで初めて開催されて以来、Appleの新技術や新製品の発表の場として注目を集めてきました。2005年まではアメリカでは1月にサンフランシスコで、夏には東海岸でと、年2回開かれています。東京で開催されていた時期もありました。
 
しかし2002年、夏の開催場所をめぐり、ボストンを主張する主催者のIDGと、ニューヨークでの開催を求めるAppleとが衝突。2004年に7年ぶりにボストンで開かれた際には、Appleは出展しませんでした。

Appleの撤退が引き金に

そしてApple2009年1月を最後にこのイベントから完全に撤退。以降は世界開発者会議(WWDC)で、Macworldのように一般ユーザーを対象にするのではなく、参加者をメディアや専門家に絞り、新技術や新製品発表を行っています。
 
Appleが参加を取りやめてからは、Macworld Expoの規模も縮小傾向をたどり、2012年には「Macworld Conference & Expo」という名称から、現在の「Macworld/iWorld」へと変更しました。
 
IDGは今後も、ビジネスにおけるApple製品導入に焦点を当てたイベントMacITは主催するとしており、数週間以内に詳細を発表する見通しです。
  
参照元 : IDG World Expo
執 筆 : lunatic

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ :
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる