トップページ > 最新情報 > サファイアガラス製造GTのCEO、所有株9,000株を売却していた
2014年10月8日 06時28分

読了まで 159

サファイアガラス製造GTのCEO、所有株9,000株を売却していた

GT Advanced Technologies
 
Appleとサファイアガラスディスプレイの製造・供給契約を結んでいるGT Advanced TechnologiesのCEOが、iPhone6がサファイアガラスを採用しないことが公表される前日に、所有株式を売却していたことが判明しました。
 
Appleは現地時間9月9日にメディア向けイベントを開き、iPhone6およびiPhone6 Plusを発表。新iPhoneが当初の予想を裏切り、サファイアガラスのディスプレイを搭載していないことが明らかになりました。

Appleの発表前日に株式を売り逃げ?

The Wall Street Journalは、GT Advanced Technologiesの最高経営責任者(CEO)であるThomas Gutierrez氏がその前日の9月8日、所有株式9,000株以上を売却、16万ドル(約1,730万円)以上の利益を得たと報じています。
 
9月8日時点でのGTの平均株価は17.38ドルでした。翌日のAppleによる新製品発表ののち、同社株価は13%下落して14.94ドルとなっています。
 
10月6日、GTは米国連邦倒産法第11章に基づく倒産処理手続きの適用を申請、株価は80セントと93%も暴落しました

CEOは株で大もうけしていた

iPhone6の発表前は、Appleとの提携への期待が後押しし、GTの株価は12カ月で2倍以上に上昇していました。
 
Gutierrez氏は5月、6月、7月のそれぞれ最初の3日間に株式を売却。しかしその後は9月8日まで売却しておらず、その2日前には1万5,902株を受け取っています。
 
また同CEOは2013年には株を一切売却していません。今年2月以降にCEOが売却した株は70万株近くにのぼり、その価値は1,000万ドル(約10億8,110万円)とのことです。
  
参照元 : The Wall Street Journal
執 筆 : lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる