トップページ > iPhone5c > iOS8の普及は若干遅れ気味、しかしiPhone6は5sの倍の速度で普及?
2014年10月6日 22時51分

読了まで 21

iOS8の普及は若干遅れ気味、しかしiPhone6は5sの倍の速度で普及?

iOS8 アップデート iPhone6


 
ネットマーケティング会社Fiksuは、iOS8がリリース開始から約3週間が経過した今も低空飛行が続いているようだと報じています。
 
しかし、同OSを搭載しているiPhone6の販売は好調のようです。

iOS8はリリースから3週間経過した今も低空飛行

 
iOS8 iPhone6 アップデート
 
iOS8は、リリース開始から24時間のアップデートのペースが前iOS6・iOS7のそれと比較して遅めであることは以前お伝えしましたが、そのペースは約3週間たった今もさほど変わっていないようです。
 
同企業のアナリティクスによると、iOS6・iOS7はリリース後20日経過時点で普及率が50%を超えていましたが、iOS8では40%に満たない値であるとしています。同様の計測をしているMaxpanel社の発表では、iOS8の普及は約半数程度の割合まで迫ってはいるものの、同じようにiOS7にはかなり水をあけられているとしています。
 
Fiksuのグラフにある中で、iOS8が唯一勝利しているiOS5ですが、iOS4からiOS5にアップデートする際、ユーザーはiTunesにケーブル接続しなければならず、それが原因で数値を落としたと見られていました。

iPhone6 は記録的な普及率

 
iOS8 iPhone6 アップデート
 
iOS8が低空飛行を続ける一方で、iPhone6の販売は記録的な好調のようです。iPhone5以降のデバイスが、リリース後一定期間内にどの程度普及したかを示すグラフを見ると、リリース後17日経過時点で、iPhone6はiPhone5、iPhone5sの普及率と比較して倍以上の数値を示しています
 
同調査は一般企業が実施したものなので、数値がどの程度正確かはわかりませんが、このグラフを見る限り、リリース直後からバグが多いと噂されているiOS8は若干普及に時間を要しているものの、iPhone6自体は非常に好調な売れ行きのようです。
 
 
参照元:9to5Mac
執 筆:クロス

カテゴリ : iPhone5c, iPhone6, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる