台湾のQuanta Computer、Apple Watchの製造を来年1月から開始か - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > 台湾のQuanta Computer、Apple Watchの製造を来年1月から開始か
2014年10月1日 11時08分

読了まで 154

台湾のQuanta Computer、Apple Watchの製造を来年1月から開始か

Apple Watch


9月のメディア向けイベントで発表されたアップル初のウェアラブルデバイスApple Watchは、パリのセレクトショップColetteで行われたApple Watchイベントでも盛況を博していたようですが、アップルはApple Watchの発売が「2015年初め」としているだけで正式な発売日をいまだに明らかにしていません。

Quanta Computerが2015年1月から大量生産を開始

Apple Dailyはアジアのサプライチェーンの話として、Apple Watchの製造を担当する台湾のQuanta Computerが2015年1月から大量生産を開始する模様だと伝えています。アップルは当初Apple Watchの発売を今年の11月のホリデーシーズンに予定していたようですが、メディア向けイベントでは2015年初めと発表されました。最近の報道では2015年2月中旬のバレンタインデー頃に発売されるのではないかと噂されています。

Apple Watchの詳細は未だ分からず

これまでの報道によれば、組み立て製造を担当するQuanta Computerの他に、Largan、Foxconn、Pegatron、Inventec、F-TPKなどのサプライヤーがApple Watchの製造に関わっていると思われます。今回のパリのイベントでは実物の展示と限定的な機能のデモンストレーションが行われたようですが、アップルは現時点でApple Watchの詳細についてはほとんど明らかにしていません。バッテリーは1日に1回は充電する必要があり、Sportモデルの販売価格は349ドル(約38,000円)からになるとの発表はあったものの、上位モデルの18KゴールドのEditionの販売価格がいくらなのかも発表されないままです。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : リンゴバックス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる