iOS8の新機能、何が電池を消費しているかがひとめでわかる - iPhone Mania
トップページ > iOS > iOS8の新機能、何が電池を消費しているかがひとめでわかる
2014年9月27日 13時40分

読了まで 138

iOS8の新機能、何が電池を消費しているかがひとめでわかる

iOS8


 
iOS8で新たに、何がどの程度電池を消費しているかがわかる機能が導入されました。

電池の消費割合がひとめでわかる

「設定」を開き、「一般」→「使用状況」を開くと、「バッテリー」のところに「バッテリーの使用状況」という項目があります。ここを開くと、何がどのくらいバッテリーを消費しているのかがわかります。
 
また使用状況は、1日以内、7日以内の確認ができます。
 
参考までに、筆者のiPhoneのスクリーンショットをアップします。これを見ると、過去7日間ではSafariが41%、ホーム/ロック画面が14%、メールが13%、バッテリーを消費していることがわかります。
 
iOS8バッテリー使用状況

スタンドバイ時間もわかる

この画像からもおわかりとは思いますが、アプリだけでなく、ホーム/ロック画面も含まれています。AppleInsiderによると、バックアップや復元サービスが電池を消費している場合、それもきちんと表示されます。またバックグラウンドで動作しているアプリのバッテリー消費量もわかります。
 
また最後に充電してからの使用時間や、スタンバイ時間もわかるので便利です。
  
参照元 : AppleInsider
執 筆 : lunatic

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる