トップページ > iPhone6 > iPhone6のスピードテストを検証!速いキャリアは?安定キャリアは?
2014年9月25日 12時05分

読了まで 324

iPhone6のスピードテストを検証!速いキャリアは?安定キャリアは?

iPhone6/6 Plusが19日に発売され、直後から多くのインターネットメディアがスピードテストを実施しています。測定場所は山手線や大阪環状線の駅、ランドマーク、オフィス街など様々で、自身の用途や行動範囲と照らし合わせてiPhone6/6 Plus購入時のキャリア選びの参考にできるようになっています。

山手線はソフトバンク、大阪環状線はドコモが優勢

発売直後、マイナビニュースは東京の山手線主要駅でスピードテストを実施しました。結果は下の表の通りですが、ソフトバンクが下り速度の平均で60Mbpsオーバーとなり、他社を圧倒しています。

 

これはiPhone6/6 Plusが新たに対応したSoftBank 4Gの効果に加え、都心では多くの基地局が4G LTEで下り最大112.5Mbpsに対応していることの影響とみられます。このアドバンテージは混雑時の繋がりやすさ維持に直結すると考えられます。

 

山手線と環状線の結果

 

一方、大阪の環状線での速度をgooスマホ部が記事にしています。ここでは全ての駅での計測が実施され、ドコモが平均ダウンロード速度で51.77Mbpsを記録し、他社を圧倒しています。

 

auも寺田町駅で最高速度87.1Mbpsを記録するものの、平均では安定して高速を維持したドコモには及びませんでした。また東京の山手線で他社を圧倒したソフトバンクは大阪ではそれほど振るわない結果となっています。

大都市ランドマークはソフトバンク回線が速い

RBBは東京、大阪、名古屋のランドマーク30ヶ所でのスピードテストを実施しています。結果は全30ヶ所中、20ヶ所でソフトバンクがトップとなっています。

 

ランドマーク30ヶ所

 

細かく見ると、東京ではソフトバンクが7勝(10ヶ所中)、名古屋でも7勝(同)、大阪で6勝(同)となっています。30ヶ所の平均でも唯一40Mbpsを超える結果を残しています。ここでも112.5Mbpsエリアの拡大がソフトバンクのiPhone6/6 Plusのスピードを向上させていることが伺えます。

東京都心、オフィス街や観光スポットはauが優位

auも負けていません。マイナビニュースは丸の内、新橋、品川、新宿のオフィス街でスピードテストを実施しました。結果、auが平均36.93Mbpsを記録して、トップとなっています。

 

オフィス街での結果

 

またアルタ前や丸ビル、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、ヒカリエなどの都内ランドマークの速度計測を日刊SPA!インターネットコムが実施していますが、そこでもauが優位となっています。RBBが実施した混雑場所、主要駅での調査でも10ヶ所中、9ヶ所でauが他社より優れた速度を記録しています。

 

混雑場所での計測

 

auが混雑スポットで他社よりも速度を維持できているのは、やはりキャリアアグリゲーションの影響があると考えられます。また利用者の少ないWiMAX2+を利用することで混雑場所でもスピードが維持できたことも、auの好結果の要因になっています。

都内6大学のキャンパスではドコモが90Mbps超を記録

マイナビニュースは都内の6大学のキャンパスでのスピードテストの結果も公開しています。この記事によるとドコモが全体的に優位を保っており、立教大学では93.24Mbpsを記録するなど、超高速通信が可能になっています。

 

大学での測定

 

ドコモの90Mbps超という結果は1.7GHz帯のLTEを「フルLTE」とすることで下り最大150Mbpsを実現したことの影響を受けています。現時点ではまだそれほど基地局は多くありませんが、数カ月以内に23区内はほとんどの場所がこの150Mbpsエリアとなる予定となっています。

まとめ

まだ計測自体がそれほど多くないのですが、上記記事から各キャリアの速度の傾向を考察すると、

 

ソフトバンクは山手線主要駅や都市部の112.5Mbpsエリア整備が進み、そのエリア内では強さを発揮するものの、都心の混雑場所では少し弱い部分もある。

 

auは都心のオフィス街や繁華街などの混雑場所でも安定した速度を記録、突出して速い場所はあるもののそれほど多くない。

 

ドコモは東京都心の混雑場所では少し弱いが、大阪環状線では他社を寄せ付けず、また150Mbpsエリアが整備された場所ではとてつもなく速い結果を記録している。

 

という傾向が見えてきます。

 

こうした通信環境の違いもiPhone6/6 Plus購入時の参考になります。自身の用途、利用場所を考慮に入れた上で最適なキャリアを選ぶことができれば購入後も通信状況に満足できると思います。
 
 
参照元: マイナビニュースRBB TODAYインターネットコムgooスマホ部
執 筆: KAZ

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる