トップページ > iPhone5s > iPhone6 Plusの大画面はこれだけ違う!iPhone5sの表示と比較
2014年9月23日 10時01分

読了まで 29

iPhone6 Plusの大画面はこれだけ違う!iPhone5sの表示と比較

iPhone6 Plusの最大の特徴となっているのが画面の大きさです。しかし、この大きさが気になってiPhone6にしようか、それとも今のiPhone4,4sや5,5s/5cのままでもいいか、と考えている人も多いかと思います。

 

とはいえ、やはり大画面の便利さはかなりのものです。表示範囲が広くなり、視認性は向上し、画像や動画の迫力はサイズアップ以上に増大しています。

動画は一目瞭然の違い

ここでiPhone6 PlusiPhone5sの画面を比較してみます。Vimeoで動画を再生した比較ですが、下の写真の画像のサイズ比率がそのままiPhone6 PlusとiPhone5sの画面の比率になります。

 

動画比較

 

静止画では分かりにくいですが、これが動き出すと迫力は全く違います。ただ解像度の低い動画をみるとiPhone6 Plusではボヤけてしまい、低画質のアラが目立ってしまいます。

地図の表示では情報量に違い

動画以外で大画面の恩恵が大きく受けられそうなのが地図の表示です。iPhone6 Plusは同じ縮尺なら広い範囲が表示でき、同じ範囲を表示するならより精細な地図が表示できます。

 

地図の表示

 

上の写真は同じ範囲を表示しているのですが、iPhone6 Plusの方が当然ですが地図の細かいところまで表示されています。ランドマークの表示も多く、道路も細いものまで表示できます。カーナビとして使う場合、iPhone6 Plusの優位性がはっきりしそうです。

Webブラウザ表示も大画面が便利

iPhoneでよく使う、Webブラウザでのサイトの閲覧でも大画面が威力を発揮します。Yahoo!JAPANのトップページの表示を比較したものですが、iPhone6 Plusは大画面で見やすいだけでなく、より広い範囲を表示できています。

 

Yahooトップの比較

 

またiPhone5sの表示は画面に文字が詰まった感じですが、iPhone6 Plusでは余裕のある表示にもなっています。動画や地図、Webサイトの閲覧以外にもゲームや電子書籍など大画面の恩恵を受けるケースは多くあります。よくiPhoneを使う人ほどiPhone6 Plusの大画面のメリットが大きくなるのではないでしょうか。
 
 
執 筆: KAZ

カテゴリ : iPhone5s, iPhone6 Plus, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる