トップページ > iPhone6 > iPhone6購入料金シミュレーション – ドコモユーザー向け
2014年9月23日 17時52分

読了まで 46

iPhone6購入料金シミュレーション – ドコモユーザー向け

yoyaku
各社で発売したiPhone6/6 Plusですが、ユーザーとしては自分のライフスタイルに合わせて少しでもコストを抑えたいところです。今回は現在ソフトバンク/au/NTTドコモと契約しているユーザー別に、どのキャリアと契約するのが自分のライフスタイルにマッチするのかを検証するために料金をシミュレーションしてみました。
 
今回のシミュレーションの対象とするユーザーのスペックは以下の通りです。
 
・ 契約キャリア:NTTドコモ
・ 28歳
・ 独身(同居家族無し)
iPhone5S(32GB) ユーザー(残債:13ヶ月)
・パケット使用料:5~7GB/月
・ 希望機種:iPhone6(64GB)
 
シミュレーションパターン
▼そのままドコモで、機種変更する場合
▼MNPでauに乗り換える場合
▼MNPでソフトバンクに乗り換える場合
 
本稿は現在NTTドコモと契約している方向けのシミュレーションです。
 
・現在ソフトバンクを契約している方は、ソフトバンクと契約している方向けのシミュレーションを御覧ください。
・現在auを契約している方は、auと契約している方向けのシミュレーションを御覧ください。
 

契約キャリアはNTTドコモのまま、機種変更の場合

同一キャリアで機種変更をする際には、以下の機種変更手数料がかかります。
 
●機種変更手数料:2,160円(機種変更をする際には必ずかかる費用です)
 
今回ドコモは機種変更にはつらいキャンペーンを打ち出しています。下取り額に関してはMNPの下取り額と同様で、なおかつ昨年発売早々iPhone5sを購入したユーザーにとって最も気になる残債に関するキャンペーンはありません。基本的にはあまりMNPで他社に転出することはないという考えなのでしょうか。
 
ドコモでの月々の利用料金は以下の通りです。
 

■ 基本プラン:カケホーダイプラン(定期契約)、データ定額:データMパック(5GB)

iPhone6 購入 シミュレーション
本料金に、iPhone5sの残債が最低でも13ヶ月分上乗せになりますのでかなりきつい料金設定となります。ドコモのiPhoneユーザーにとっては今回のiPhone6への機種変更はかなり厳しいといえるでしょう。
 
他に、25歳以下の特典や、家族で利用の場合割引になったり、データ通信料をシェアできたりといった部分はあります。詳しくはiPhone6料金比較をご確認ください。
 

MNPでauに乗り換えの場合

MNPを利用する場合はNTTドコモを解約する必要があります。解約の際に発生する費用は、以下の通りです。
 
●契約解除料:10,260円
●NTTドコモ iPhone5s(32GB) 残債13ヶ月分
 
また、MNP先のauで、新規の契約事務手数料が必要となります。
 
●新規契約事務手数料:3,240円
 
今回の場合、iPhone5s(32GB)が41,040円相当で下取りしてもらえます。機種代金からの割引とは別に、20,520円がau WALLETカードにチャージされます。また、auにかえる割Plusも適用となるので、カケ放題プランの場合はau WALLETカードに10,000円がチャージされ、LTEプランの場合は基本使用料が2年間無料となります。
 
カケ放題プランの場合は、下取りのチャージ分と合わせて合計30,520円がau WALLETカードにチャージされます(※本ポイントは今回のiPhone6の機種代金として充当することはできないようです)。
 
auでの月々の利用料金は以下の通りです。
 

■ 基本プラン:電話カケ放題プラン、データ定額:データ定額5(5GB)を選択の場合

iPhone6 購入 シミュレーション
 

■ 基本プラン:LTEプラン、データ定額:LTEフラットを選択の場合

iPhone6 購入 シミュレーション
auではLTEフラットを契約の場合、かなり月額コストを低く抑えることが可能です。電話カケ放題プランに加入した際にも合計30,520円分のポイントがau WALLETカードにチャージされますので、こちらもかなりおトクと言えます。
 
auでも、他にキャンペーンがあるので、iPhone6料金比較をご確認ください。
 

MNPでソフトバンクに乗り換えの場合

先の通り、MNPを利用する場合はNTTドコモを解約する必要があります。解約の際に発生する費用は、以下の通りです。
 
●契約解除料:10,260円
●NTTドコモ iPhone5s(32GB) 残債13ヶ月分
 
また、MNP先のソフトバンクで、新規の契約事務手数料が必要となります。
 
●新規契約事務手数料:3,240円
 
今回の場合、シミュレーション対象ユーザーはiPhone5s(32GB)を使用しているので、旧機種を41,040円相当で下取りしてもらえます。すべて機種代金の支払いに当てるとすると、月々約1,710円が機種代金から割引となる計算となります。
 
また、スマ放題(基本プラン+データ定額パック)の場合、Tポイント10,000pt(一括付与)または通信料金より10,800円割引(1,080円×10ヶ月の分割割引)が受けられます。
 
同様に、「ホワイトプラン」+「パケットし放題フラット」の場合はホワイトプラン基本使用料2年間0円またはTポイント20,000pt(一括付与)という特典をうけることができます。
 
ソフトバンクでの、月々の利用料金は以下の通りです。
 

■ 基本プラン:通話し放題プラン(スマートフォン)、データ定額パック:標準(5GB)を選択の場合

iPhone6 購入 シミュレーション
 

■ 基本プラン:ホワイトプラン、データ定額:パケットし放題フラット for 4G LTE の場合

iPhone6 購入 シミュレーション
ソフトバンクで現在展開中の他キャンペーンは、iPhone6料金比較をご確認ください。
 
現在ドコモと契約している方はiPhone6を購入する場合、MNP一択となります。しかしながら、本提示金額にプラスして、現在使用しているiPhone5s(32GB)の残債の支払いが必要となりますので、注意が必要です。
 
 
執 筆:クロス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる