2014年9月14日 22時36分

読了まで 152

iPhone6/6 Plusのグラフィック性能はiPhone5sと大差なし?

iPhone6/6 Plusに搭載されるA8プロセッサ


 
iPhone6に搭載されるA8プロセッサのGPU性能を従来モデルとしたベンチマークスコアが発表されました。結果はA7プロセッサを搭載したiPhone5sと大きな差が出ませんでした。

iPhone6のグラフィック性能はiPhone5sと大差なし?

iPhone6iPhone6 Plusには、新開発のA8プロセッサが搭載され、A7プロセッサから処理性能が25%、グラフィック性能が50%向上したと発表されています。
 
「Basemark X」によるグラフィック性能のベンチマーク結果をiPhone4s以降のシリーズで比較したのが以下のグラフです。
 
ベンチマーク結果
 
A8プロセッサを搭載したiPhone6のスコアは21204.26と、A7搭載のiPhone5sの20253.80を5%弱しか上回っていません。A5からA6、A6からA7と大きな進化を遂げてきたAシリーズの歴史において、進化の幅の小ささが目立ちます。
 
なお、ベンチマーク結果によると、A8プロセッサはデュアルコアで動作周波数は1.4GHzとありますが、現時点では真偽のほどは不明です。

iOS8とのチューニングによる総合性能に期待!

アップルは、の数値よりもユーザーの利用体験を重視する姿勢を貫いています。そのため、実際にユーザーが使って体感する操作感覚とベンチマーク結果には差があることも考えられます。
 
iPhone6/6 Plusでは、ベンチマーク結果以上に、iOS8とのチューニングによる総合的な性能向上が図られていることを期待したいところです。
 
 
参照元:Power Board
執 筆:hato

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる