トップページ > iPhone5s > iPhone 5sのグラフィック性能はiPhone5の約2倍?ベンチマーク結果が公開
2013年9月12日 14時38分

読了まで 141

iPhone 5sのグラフィック性能はiPhone5の約2倍?ベンチマーク結果が公開

5sベンチマーク


Mac Rumorsが、アップルの新機種iPhone 5sのグラフィック性能のベンチマーク結果を公開しています。
 
テストに使われたのはGFXBenchというグラフィック性能を計測するアプリで、計測結果はウェブサイトで公開されます。そのテスト結果をみると、iPhone 5sのグラフィック性能はiPhone5の約1.3〜1.9倍となっています。
 
5sベンチマーク 
ここで計測しているのはフレームレート(fps:frame per seconds=1秒間のフレーム数)です。単位時間あたりいくつフレーム (映像・コマのこと)が処理されるかという値で、グラフィックに関する性能が高ければ「fps」の数値は上がります。1秒間のフレーム数が多ければアニメーションの動きが滑らかになりますが、その分性能も要求されます。
 
今回のベンチマークテストはiPhone 5s発売前であり、これが本当にiPhone 5sのテスト結果かどうかはわかりません。iPhone 5sは64bitのA7プロセッサで、OpenGL ES 3にも新たに対応していますが、GFXBenchはいずれも未対応です。また、通常こうしたテストは複数回行いますが、今回のテストは1回行われたのみですので、より正確な結果を得るにはiPhone 5sの発売を待ってからですね。
 
参照元:Mac Rumors
執 筆:あちゃ

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる