AppleとDisney、iPhone6によるモバイル決済サービスを店舗に導入 - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > AppleとDisney、iPhone6によるモバイル決済サービスを店舗に導入
2014年9月8日 13時04分

読了まで 224

AppleとDisney、iPhone6によるモバイル決済サービスを店舗に導入

iPhone6


AppleとDisneyは今週発表されると予想されているiPhone6のリリースに合わせて、それぞれの店舗で使用しているiBeaconとNFCリーダー端末をアップグレードする模様です。
 
ここ数カ月の間、Apple Storeでは来店客の店内での位置情報に合わせて、Bluetooth LEの技術を活用したiBeaconとApple Storeアプリを通じ、顧客のiPhoneやiPadにさまざまな製品情報などを提供し、利便性の提供とサービス向上を目指してきました。

Apple Store内のiBeacon端末をアップグレード

Gimbal Beacon

Gimbal Series 20 Proximity Beacon


今回のアップグレードでAppleは新しくクアルコム製のGimbalシリーズ20と呼ばれるBeacon端末を店内に設置し、性能の向上をはかり、来店客の正確な位置情報の把握を可能にするようです。
 
さらに、iBeaconでは来店客の位置情報に合わせた情報配信だけではなく、モバイル決済サービスも可能となり、次期iPhone6Apple Watchに採用されると噂されているNFCを使って、本人確認を行うことになるようです。
 
Apple Store内のどこに来店客がいても、Appleは来店客の位置情報が分かり、レジに足を運ぶことなく顧客のiPhoneだけでモバイル決済が可能となると思われます。iPhone6と同時にリリースされるiOS8ではPassbookアプリがバージョンアップし、クレジットカード情報も保存できるようになる予定です。

Disney、NFCに対応、Appleとはパートナー関係

Disney
決済時のNFCの利用についてDisneyの関係者は、Disney Store全店舗で今週NFCに対応した新しいクレジットカード決済端末を設置すると述べています。
 
今回のDisneyによるNFC対応がAppleのiPhone6によるモバイル決済サービスと関連があるのかは定かではありませんが、DisneyはCEO(最高経営責任者)のBob Iger氏がAppleの取締役を務めるなど両社はこれまでも密接な関係にあり、ただの偶然とは考えられません。

Appleのモバイル決済サービスに広がり

Walgreens
今月15日からはアメリカのMcDonaldでもiPhone6を使用したAppleの新たなモバイル決済サービスが利用できるとお伝えしています。また、高級百貨店チェーンのNordstrom、ドラッグストアチェーンのCVSやWalgreens、そして今回のDisney Storeでも利用が可能になるようです。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : リンゴバックス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる