アップル、米国内のiPhoneとiOSのシェア上昇、iPhone6に期待-統計調査 - iPhone Mania
トップページ > iOS > アップル、米国内のiPhoneとiOSのシェア上昇、iPhone6に期待-統計調査
2014年9月7日 17時35分

読了まで 25

アップル、米国内のiPhoneとiOSのシェア上昇、iPhone6に期待-統計調査

iPhone6


AppleiPhone6の発表が間近に迫ってきましたが、iPhoneはアメリカ国内での7月末までの3カ月間でシェアを伸ばし、シェア1位の座を維持したとComScoreが調査結果を発表しています。

iPhoneのシェアは42.4%に上昇、Samsungは28.4%

iPhone6
 
レポートによりますと、Appleは2014年4月末の時点では41.4%であったマーケットシェアが、7月末には42.4%に上昇したと伝えています。一方、Samsungは4月末時点の27.7%から上昇、28.4%となっています。LG、Motorola、HTCはここ数カ月間ずっとシェアを落としています。

OSのシェア、iOSは42.4%、Androidは51.5%

iPhone6
 
AppleのiPhoneは携帯端末のシェアではトップとなっていますが、オペレーティングシステムのシェアでは、iOSは市場に数多くあるAndroidにシェアを奪われています。しかしながら、4月から7月末までの間にAndroidがシェアを52.5%から51.5%に落としている一方、iOSは41.4%から42.4%へシェアを伸ばしています
 
携帯端末のOSの中では、BlackBerry、Symbianがそれぞれシェアを落とし、iOSが堅調にシェアを伸ばしています。また、Microsoftも0.3%シェアが増加しています。

iPhone、iOSともにシェアを伸ばす、iPhone6でさらに上昇

今回のレポートでAppleは端末とiOSの両者でシェアを伸ばしていることが分かりました。次期iPhone6ではAndroid端末に対抗し、4.7インチと5.5インチの大画面ディスプレイを搭載するといわれていますので、Androidから機種変更するユーザーが増えることが予想されます。
 
ComScoreが使用しているデータは端末の販売データではなく、ユーザーの端末にアプリをインストールした情報を基に調査をしているため、実際のシェアをかなり反映していると考えられます。ただし、他の調査レポートに比べると結果が反映されるまでに時間が掛かるデメリットもあります。
 
 
参照元 : MacRumors
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iOS, iPhone6, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる