トップページ > 最新情報 > 【危険】モバイルバッテリーの発火事故が急増!熱と衝撃に注意!
2014年9月5日 01時14分

読了まで 25

【危険】モバイルバッテリーの発火事故が急増!熱と衝撃に注意!

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhoneなどスマートフォンを使いこなすために持ち歩く方も多いモバイルバッテリーですが、最近、発火事故が急増している模様です。熱や衝撃に弱い性質に注意して使う必要があります。

強い衝撃で破裂、発火するモバイルバッテリー

最近、モバイルバッテリーからの発火や発煙事故が増加し、この1年で100件近い事故が発生しているとNHKが報じています。地下鉄のホームに落としてしまったモバイルバッテリーから出火した事故や、充電中のモバイルバッテリーから煙が出た事故が報告されています。
 

強い衝撃で破裂、発火するモバイルバッテリー

映像:NHK


 
iPhoneなどスマートフォンを外出先でも手軽に充電でき、大容量タイプからコンパクトタイプまで数多く販売されているモバイルバッテリーですが、中身はリチウムイオンバッテリーです。

使用中も熱がこもらないよう注意!

リチウムイオンバッテリーは、多くのエネルギーを蓄えられる性能を持つ一方で、衝撃に弱く、熱がこもりやすいという弱点があります。そのため、落下などによる強い衝撃で破裂や発火する危険性があり、取り扱いには注意が必要です。
 
モバイルバッテリーは、使用中や充電中に熱くなります。熱がこもらないよう工夫し、直射日光が当たる場所や暖房機器の近くなどに放置しないように注意しましょう。
 
今年の2月頃に話題となった、こたつの上でiPhoneがパックリ開いた事故などは、内蔵バッテリーに熱が加わったことで膨張したと考えられます。
 
スマートフォンに搭載されているリチウムイオンバッテリーも、使用中や充電中に熱を持ちやすい性質があります。長電話してスマートフォンが肌に触れている時間が長いと、低温やけどする危険性も指摘されています
 
スマートフォンやモバイルバッテリーに使われているリチウムイオンバッテリーに「衝撃」「熱」は大敵です。私たちの生活に欠かせないリチウムイオンバッテリーだけに、その性質を知って安全に便利に使いましょう。
 
 
参照元:NHK
執 筆:hato

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる