iPhoneやiPadでも使えるデータ通信量をモニターできる便利なアプリ! - iPhone Mania
トップページ > おすすめアプリ > iPhoneやiPadでも使えるデータ通信量をモニターできる便利なアプリ!
2014年8月26日 21時50分

読了まで 211

iPhoneやiPadでも使えるデータ通信量をモニターできる便利なアプリ!

iPhoneやiPadを使っていて急に通信が遅くなったことはありませんか。そういう時は、データ通信量の制限である7GBを超過したか、3日で1GB以上の通信を行ったために制限がかかっている可能性があります。
 
現在の通信量を調べるには、携帯電話会社のオンラインサービスで確認をすることが出来ますが、使いすぎてしまう前にデータ通信量を簡単に調べることができるといいなと思っている方におすすめのアプリ「バッ通ア」をご紹介します。
 
通信モニタアプリ

バックグランドで動作する通信量モニターアプリ

この「バッ通ア」は、起動するとバックグランドで動作し続けてくれるため、一度起動してしまえばアプリの存在を気にせず利用できます。また消費電力も非常に低く抑えられているので、バッテリーが早くなくなるということはありません。タスクを終了してしまうと、通知センターで「バッ通ア」が停止したことを知らせてくれます。誤って止めてしまっても気づかせてくれる親切設計です。
 
通信モニタアプリ

使い方は簡単

キャリアの制限は、ほぼ設定されているので詳細を設定しなくても利用が可能です。筆者はソフトバンクのiPhoneでパケットシェアのプランには加入していません。設定した部分は、締め日の登録だけです。締め日は契約している人それぞれ違うので、きちんと調べておきましょう。
 
通信モニタアプリ

各社のパケットシェアプランに対応

SoftBankやdocomo、auなどが提供している家族でデータ通信容量を分け合えるプランに対応したアプリなので、設定さえきちんと行うことで目安となるデータ通信量を確認できます。また携帯電話会社によっては厳しく制限される3日で1GB制限を受けないように、直近のデータ通信量を確認することもできます。
 
通信モニタアプリ
このアプリがあれば、3日で1GBの制限を受ける心配もありません。使いすぎたかなと思ったら、翌日はWi-Fiで通信するなど調整の目安にもなります。通信制限を受けてしまうと通信速度が128Kbpsと制限されてしまうので、インターネットなどほぼできないと思った方が良い速度になってしまいます。

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
一度使うと手放せなくなるアプリですね。
 
 
執 筆:KSM

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる