トップページ > 最新情報 > iPhoneでQRコードを読み取ろう!多機能QRコードアプリ3選

読了まで 439

iPhoneでQRコードを読み取ろう!多機能QRコードアプリ3選

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

QRコードアプリ
iPhoneに機種変した時、「QRコードってどうやって読み取るの?」と戸惑うのはもはや通過儀礼。iPhoneでQRコードを読み取るには、QRコードアプリが必須です。
 
そこで、QRコードを読み取れるアプリの中でも、特に多機能なアプリを機能ごとに比較してみました。もちろん、QRコードリーダーとしての認識速度の速さは確認済み。その上で、+αの機能を求める人にも満足して貰える、かゆいところに手が届くQRコードリーダーを紹介します。

多彩な連携、豊富な読み取り『Qrafter』

Qrafter
Qrafter』の特徴は、抽出できる情報の種類の豊富さです。連携できるサイトやアプリも群を抜いて優秀。さらにアプリ内課金でプロパックにグレードアップすれば、様々な情報をQRコードにすることもできます。
 
■特徴

  • アルバムに保存した画像からスキャンが可能
  • HP上のQRコードを画像として保存し、スキャンすることが可能です。また、外出先などでとりあえずQRコードの画像を撮影しておき、あとでゆっくり確認するという使い方も出来ます。
     

  • 読み取ったURLの安全性チェック
  • GoogleのSafeBrowsingを利用して、読み取ったURLが詐欺サイトや悪意のあるサイトではないかチェックしてくれます。
     

  • スキャン後、即ホームページを開く
  • いくつものQRコードをスキャンしたい時、いちいち確認画面が出るのは鬱陶しいと感じますよね。オプションで、スキャン&ゴーをオンにすれば、ダイレクトにHPを開くことが可能です。初期設定ではオフになっています。
     

  • 読み取ったQRコードの履歴機能
  • 過去に読み取ったQRコードを確認できます。また、履歴を検索することも可能です。古いデータを自動で消去する機能もついており、消去までの期間も設定可能です。自動消去機能は初期設定ではオフになっているので注意。
     
    ★連携機能
    読み取りデータの送信は、SMS、メール、連絡先へ追加、イベントへ追加、Facebookへ投稿、Twitterへ投稿が可能。Dropboxと連携、Pocketと連携機能有り。有料版では、AirPrint対応プリンタでの印刷機能も。
     
    ★読み取れるデータ
    マップ、iTunes、Facebook、Twitter、Foursquare、Yelp、YouTubeビデオのURLや、地図の座標データ、vCardの情報、iCalendarのイベント情報、ツイート、電話番号、メールアドレス、Wi-Fiネットワークの情報、暗号化テキスト、標準テキストの読み取りが可能。
     

    Qrafter - QRコードとバーコードの読み取りと作成アプリQrafter
    カテゴリ:仕事効率化
    現在の価格: 無料

    ※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

    『アイコニット』はユニークなアイコン機能が面白い!

    アイコニット
    アイコニット』はQRコードとバーコードリーダー機能を搭載しています。でも、それだけじゃないんです。アイコニットがユニークで面白いところは、読み取ったQRコードをアイコン化してアイコン帳に保存できるところ。アイコン帳にはQRコード以外にも『アイコニット』が提供する公式アイコンがあり、様々な最新情報を取得できます。
     
    ■特徴

  • アルバムやクリップボードからの読み取り
  • QRコードの画像をアルバムから読み取れるだけでなく、iOS版限定でクリップボードからの読み取りにも対応しています。QRコードの画像をいちいち保存するのはなぁ、というときに、画像を選択してコピーすれば読み取ることが可能です。
     

  • アイコン帳による管理機能
  • 読み取ったQRコードをアイコン化して管理できます。アイコンがホーム画面にも追加できるので、よく使う連絡先や、読み取ったサイトへのアクセスが簡単に。また、自分でもアイコンの作成が可能で、カスタマイズしたプロフィールをアイコン化してQRコードにすることもできます。
     

  • 読み取り履歴
  • 読み取り履歴機能も別途搭載。サイト名とURLのシンプルな一覧なので、探しやすい!
     

  • 連絡先交換が簡単にできる
  • 赤外線通信がないiPhoneは、連絡先を交換するときに困りますよね。そこで便利なのが、電話帳からのQRコード作成機能。連絡先をQRコードにして相手に読み取って貰えば、すぐに連絡先の交換が可能です。
     

  • 読み取った情報に合わせたアクションメニュー
  • 読み取ったQRコードが電話番号なら電話帳を、URLならブラウザを、バーコードなら商品検索画面を開くアクションメニューを表示します。
     
    ★連携機能
    読み取りデータの送信は、メッセージ、メール、Twitterで可能です。また、近くの人と共有するためにAirDropも利用できます。また、設定から連携する外部アプリを追加することもできます。
     
    ★読み取れるデータ
    各種QRコード、グラフィックQR、商品バーコード(JANコード、EANコード)、スマートフライヤーの読み取りが可能。

     

    QRコード・JANコード読取り便利アプリ!無料携帯電話スキャナーアイコニット
    カテゴリ:仕事効率化
    現在の価格: 無料

    ※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

    もっとiPhoneを便利に!『携帯便利セット Free』

    携帯便利セットFree
    QRコードリーダーを含む、様々な便利機能がセットになっている『携帯便利セット』のFree版です。QRコードの読み取りはもちろん、作成も可能。連絡先交換が捗ります。また、QRコードリーダー以外にも携帯電話へ写真を送るときの画像リサイズや、半角カナ・特殊顔文字の入力支援、懐中電灯機能もついています。
     
    ■特徴

  • アルバムから読み取り機能
  • アルバムからの読み取り機能を搭載。アルバムから選択した画像にQRコードが含まれていれば、自動で読み取ってくれます。
     

  • シンプルな履歴機能
  • シンプルな履歴観覧機能付き。スキャンした日付とURLの一覧を確認することができます。
     

  • 「自分」のQRコードの作成
  • 連絡先をQRコードにすることが可能です。「自分」ボタンをタップすると、自分の連絡先をQRコードにすることができます。SoftBank用、au用、docomo用、iPhone用の四種類が自動で作成されるので、用途に合わせて読み取って貰うことが可能です。この自分用QRコードは1度登録すればワンタップで呼び出せるのが特徴。もちろん再設定もできます。
     

  • 連絡先からQRコードを作成
  • 連絡先のプロフィールをQRコードにすることができます。QRコードに含める情報も自分で選択が可能なので、住所やプライベートなメールアドレスは伏せて、必要な情報だけQRコードにすることが可能です。
     
    ★連携機能
    読み取りデータの送信は、SMS、メールで可能。
     
    ★読み取れるデータ
    QRコード、図書コード(ISBN)、商品バーコード(EAN、JAN)の読み取りが可能
     

    携帯便利セット Free携帯便利セットFree
    カテゴリ:仕事効率化
    現在の価格: 無料

    ※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
     
     
     
    以上、3つの多機能QRコードアプリを紹介しました。これだけあればQRコードの読み取り・作成には困りません。どれも違った特徴があるので、全部いれちゃうのも有りですよ!

    --PR--

    [公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる