トップページ > 最新情報 > スマホユーザーの苦悩!適正料金は4,045円→実際は6,514円!格安SIM選びも大変!
2014年8月5日 00時47分

読了まで 231

スマホユーザーの苦悩!適正料金は4,045円→実際は6,514円!格安SIM選びも大変!

iPhone5sとSIMカード
 
iPhoneなどスマートフォンユーザーの「適正と思う月額料金」は4,045円ですが、実際の月額料金は平均6,514円と、実態とは約2,500円の開きがある、との調査結果をMMD研究所が発表しました。話題の「格安SIM」は84.1%が認知し、49.9%が今後普及すると考える一方、「どのサービスを選べばいいかわからない」ユーザーが目立ちます。

スマホ料金理想は4,045円、実際は6,514円!約2,500円の開き

MMD研究所は8月4日、「スマートフォンの通話、利用料金に関する調査」の結果を発表しました。調査は20~50代のスマートフォンユーザーを対象に2014年7月10日から14日の間、インターネットで実施され、892人の有効回答を得ています。
 
iPhoneなどスマートフォンユーザーの月額料金は「6,000~7,000円」が17.4%で最多、次いで「7,000~8,000円」が15.8%で続き、平均は6,514円でした。
 
スマホ月額利用料金と満足度
 
この料金に対しては「やや不満」41.7%、「非常に不満」22.8%で合わせて64.5%のユーザーが不満を感じています。
 
ユーザーに適正と思う携帯電話の月額料金を聞くと、「4,000~5,000円」が21.6%、「3,000~4,000円」が18.0%、平均は4,045円と、実際の月額料金とは2,469円もの開きが見られます。
 
適正と思うスマホ月額料金

格安SIMは「どれを選べばいいか分からない」

最近話題の「格安SIM」については、「よく知っている」「知っている」を合わせた49.2%が認知していますが、「現在利用している」ユーザーは18.0%にとどまっています。
 
格安SIMカード認知・利用状況
 
格安SIMカードを利用していない理由を尋ねたところ、「どのSIMカードを選んでよいかわからない」が34.8%でトップとなりました。数多くあるSIMカード事業者のプラン選びがよくわからず、利用に二の足を踏んでしまうユーザーの姿が浮き彫りとなりました。
 
MMD-4
 
ユーザーに格安SIMカードの普及予測を尋ねた質問では、「普及すると思う」16.9%、「まぁまぁ普及する」33.0%と、49.9%のユーザーが今後は格安SIMが普及すると予測しています。
 
格安SIMカード普及予測
 
最近、価格比較サイト「価格.com」がオープンした格安SIMのプランを多くの条件で検索・比較できるサイトのような、ユーザーの格安SIMへの関心にこたえるサービスのニーズも今後、ますます高まると思われます。
 
MMD研究所は、IIJmio、So-net、b-mobile、BIGLOBE、U-mobileの5社について、音声通話可能プランを料金やデータ容量、MNP対応の可否について比較できる一覧表を公開しています。
 
格安SIMカード比較(小)
 
月額料金に割高感を感じているユーザーの多い大手キャリアから、格安SIMを賢く比較して乗り換えるユーザーがこれから増えるかもしれません。
 
 
参照元:MMD研究所
執 筆:hato

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる