次期iPhone6はアジア各国に多大な経済効果をもたらすとアナリスト - iPhone Mania
トップページ > iPhone6 > 次期iPhone6はアジア各国に多大な経済効果をもたらすとアナリスト
2014年7月26日 02時14分

読了まで 157

次期iPhone6はアジア各国に多大な経済効果をもたらすとアナリスト

iPhone6


アップルが次期iPhone6向けのコンポーネントやパーツを非常に多く発注していることで、多くのアジア諸国の経済が繁栄しているとするアナリストや政府関係者の意見をウォールストリート・ジャーナルが紹介しています。

台湾、日本、韓国のサプライヤーが主要コンポーネントを担当

アップルの現行のiPhoneモデル向けに主要なコンポーネントを供給してきた台湾、日本、韓国のサプライヤーが、次期iPhone6でもディスプレイパネル、カメラレンズ、マイクロプロセッサーなどを供給するとアナリストは予想しています。
 
既に、いくつかのサプライヤー企業は、好調な業績を予想したり、発表したりしています。経済評論家やアナリストは、ほとんどのセクターや経済全体でアップルによる経済効果が表れていると述べています。

iPhoneによる経済効果は多大

日本の経済官僚は、アップルによるiPhone6向けコンポーネントの発注により、四半期ベースでエレクトロニクス関連輸出を5%増加させることになると述べています。また、台湾の6月の工業生産は前年比で8.6%増加しており、この増加の要因はアップルへの供給によるものだとアナリストは分析しています。
 
台湾のMasterlink Investment Advisoryのエコノミスト、Anita Hsu氏は次期iPhone6向け半導体の出荷の成長率は100%だと述べています。

年末までに次期iPhone6を8,000万台出荷か

今年、アップルは記録的な数となる、非常に多くのiPhoneを発注していると伝えられています。昨年はiPhone5sとiPhone5cを年末までに、両モデルを合わせて5,000~6,000万台出荷していますが、ウォールストリート・ジャーナルは、今年アップルは次期iPhoneを年末までに7,000~8,000万台を出荷すると予想しています。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる