トップページ > Apple Watch > iWatchは男性用、女性用と低価格版!?NFCとワイヤレス充電を搭載か
2014年7月23日 23時18分

読了まで 28

iWatchは男性用、女性用と低価格版!?NFCとワイヤレス充電を搭載か

iWatch
 
DigiTimesが、半導体業界関係者の情報として、iWatchは男性用、女性用と低価格版の3モデル構成で、低価格版は2015年に発売になると報じています。また、iWatch用の集積チップモジュール(SiP)を中国のUniversal Scientific Industrial (USI)社が受注した模様とも伝えています。

iWatchは男性用、女性用と低価格版の構成!?

DigiTimesは、iWatch男性用と女性用、低価格版の3モデルになると報じています。
 
iWatchのモデル構成については、1.8インチに2モデルと1.6インチの3サイズ展開になり、1.8インチのうち1モデルにサファイアガラスが搭載されると報じられたばかりです。
 
もし両方の情報が事実なら、男性用は1.8インチでサファイアガラス搭載、女性用は1.6インチで軽さを重視した設計になり、遅れて2015年に1.8インチの低価格版が登場するのでしょうか。

iWatchにはNFCとワイヤレス充電を搭載、価格は3万円か

DigiTimesによると、iWatch用のSiPモジュールを中国のUniversal Scientific Industrial (USI)社が受注した模様とのことです。SiPとは、複数のチップをひとつのモジュールに高密度に集積したモジュールで、現代の小型電子機器には不可欠な部品です。
 
前出の業界関係者によると、iWatch用のSiPモジュールは、Apple製CPUのほか、テキサス・インスツルメンツ製のワイヤレス充電チップや、BluetoothそしてNFCといったチップの集合体になると話しています。
 
SiPモジュールの価格は60ドル(約6,000円)程度で、300ドル(約3万円)になると見られるiWatchの約20%にあたるとされています。

iPhone6とiWatchの両方にNFC搭載で周辺機器との連携が便利に?

iPhone6にNFCが搭載されるとの情報がありますが、今回の情報ではiWatchにもNFCが搭載されると見られています。iPhone6とiWatchの間だけではなく、関連するヘルスケア機器ともNFCでデータ連携が便利になるかもしれません。
 
 
参照元:DigiTimes
執 筆:hato

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる