トップページ > 最新情報 > 2014年第3四半期に売れたiPhoneの台数は―アナリスト予測
2014年7月18日 07時59分

読了まで 142

2014年第3四半期に売れたiPhoneの台数は―アナリスト予測

fortune-iphone-sales-estimates-q314


 
7月22日に予定されているAppleの第3四半期(4-6月期)業績発表を前に、Fortune誌が毎四半期恒例となっている、アナリストらによる第3四半期のiPhone販売台数予測をまとめました。

アナリストの予測平均は3,588万台

Fortuneは15人のプロのアナリストと11人のアマチュアのアナリストの計26人のアナリストの意見を集め、一覧表にまとめています。もっとも高い予測値はExane BNP ParibasのAlexander Peterc氏による3,968万台で、もっとも低いのはRBCのAmit Dayanani氏の3,180万台です。
 
予測の平均値は3,588万台で、前年同期比で14.85%増となっています。
 
fortune-iphone-sales-estimates-q314-02

専門家とアマチュアの予測の差が小さい

Fortune誌のアナリストによるiPhone販売台数予測では、業界の専門家たちが保守的な見方であるのに対し、アマチュアは楽観的な見方をする傾向にあります。今回もアマチュアのアナリストの予測平均値は3,650万台と専門家よりも高めでした。しかし専門家の予測平均も3,540万台と、それほど大きな差は出ていません。
 
第2四半期のiPhoneの販売台数は4,370万台と、予測を約550万台も上回る好調ぶりでした。
  
参照元: Fortune
執 筆: lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる