2014年7月16日 13時20分

読了まで 147

Apple、iPhone6用バッテリー発注は3社で決定か~台湾メディアが報道

iPhone-6


 
iPhone5よりも本体が薄型化するといわれているでは、薄型化がネックとなり、の生産に遅れが生じているという噂が流れていました。しかし複数のサプライヤーに発注することで、はリスクを回避しているようです。台湾の経済日報が報じています。

リスク回避のため3社に発注

同紙によれば、Appleは3社に製造を発注しているとのことです。
 
これまで向けにバッテリーを供給してきた台湾のDynapackは、この秋のiPhone6のに間に合うよう、Appleが求める仕様の製品を完成させることができなかったため、サプライヤーから外されたようです。
 
そのため現在は、以前報道されたように、台湾Simplo Technologyと、中国Shenzhen Desay Battery Technologyが主に製造に当たっているようです。そしてこの2社に加え、中国Sunwodaも受注したようだと経済日報は報じています。
 
3社のうちDesay は、Appleの要件を満たす薄くて柔軟性のあるバッテリーの設計、製造に苦戦しており、生産が軌道に乗るまでに少し時間がかかると見られていますが、SimploとSunwodaは成功しており、量産体制には問題ないようです。
 
Appleは昨年から、サプライヤーの分散に努めており、たとえばA8プロセッサについては、TSMCを発注先に追加しています。
  
参照元: Cult of Mac、経済日報
執 筆: lunatic

カテゴリ : iPhone6, 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる