トップページ > Apple Watch > アップル、iWatchは1.6と1.8インチの2つのサイズで3つのモデルを準備か?
2014年7月16日 00時14分

読了まで 220

アップル、iWatchは1.6と1.8インチの2つのサイズで3つのモデルを準備か?

iWatch

iWatch concept by Martin Hajek.


アップルは今秋、腕時計型のウエアラブルデバイスiWatchをリリースすると噂されていますが、中国のEconomic Daily NewsはiWatchはディスプレイサイズには1.6インチと1.8インチの2つのサイズがあり、1.8インチサイズではサファイアガラスのオプション設定があり、3モデルが用意されると伝えています。
 
1.8インチサイズのiWatchは2つのモデルが用意され、1つはこれまで噂されているとおりサファイアガラスを搭載したモデル、もう1つはサファイアガラスを搭載しないモデルのようです。

次期iPhone6にはサファイアガラスは搭載されない?

iWatchへのサファイアガラスの搭載は、将来のiPhoneモデルであるiPhone6SやiPhone7への導入の試金石になると考えられていましたが、Economic Daily Newsは今秋リリースが予想されている次期iPhone6やiPhone6Sにはサファイアガラスは搭載されないと報じています。
 
アップルの新製品情報に詳しいKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は先週、iWatchの量産は今年11月にずれ込むことになり、今秋出荷される量は非常に限定的になるだろうと述べていました。

iWatchのサイズではさまざまな予想が

Kuo氏は今年4月にはiWatchのサイズは1.3インチと1.5インチの2つのサイズが用意されると予想していましたが、今回の報道ではサイズは少し大きく、1.6インチと1.8インチとなっています。Kuo氏は、iWatchには有機ELディスプレイが採用され、すべてのモデルにサファイアガラスが搭載されると予想しています。
 
iWatchについてのこれまでの予想では、先月ロイターがiWatchは少し大きな2.5インチのタッチスクリーンを搭載するとしており、スクリーンは長方形で弓形に曲がった形をしていると報じていました。

iPad Proは今年年末までにリリースか

今回Economic Daily Newsは、これまでよりも大きな12.9インチサイズのiPad、いわゆるiPad Proが今年年末までにリリースされるとも報じているのですが、Kuo氏は今年iPad Proのリリースの可能性は少なく、iPad AirとiPad miniにA8プロセッサーとTouch IDの搭載によるマイナーチェンジになると予想しています。
 
 
参照元 : Apple Insider
執 筆 : リンゴバックス

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる