iPhone6、4.7インチ版の背面パネル画像と動画が公開!? - iPhone Mania
トップページ > iPhone6 > iPhone6、4.7インチ版の背面パネル画像と動画が公開!?
2014年7月10日 07時07分

読了まで 212

iPhone6、4.7インチ版の背面パネル画像と動画が公開!?

feldvolk_iphone_6_shell_interior


 
秋の発売が近づくにつれ、iPhone6のものとされる画像流出が相次いでいますが、今回は背面パネルの高解像度の写真と動画が、MacRumorsで公開されています。

Appleの部品工場を利用しているFeld & Volk

同サイトは2つの情報源から入手した写真を公開しており、そのひとつが、iPhoneに手を加えた「高級」バージョンを販売している、モスクワのFeld & Volkによるものです。同社はiPhone改造版をできるだけ早く顧客に提供するため、過去6年以上にわたり、Apple製品のスペアパーツを製造している工場で、製品製造を行ってきたのだそうです。
 
Feld & VolkはiPhone高級版に何年も前からサファイアガラスを使用しており、その入手先はAppleが提携したのと同じサプライヤーだとしています。
 
feldvolk_iphone_6_shell_lightning
 

 
写真および動画には、iPhone6のさまざまな機能のための、複雑なつくりがはっきりと写っています。ただしカメラ/マイク/フラッシュの穴が開いていないなど、パネルはまだ完成していない状態です。またFeld & Volkによれば、写真に写っている複数のネジ穴は製造過程で必要なもので、のちの工程で取り除かれるそうです。

ロゴはくり抜き、上下アンテナは非導電ポリマー製?

feldvolk_iphone_6_shell_back
 
feldvolk_iphone_6_shell_mute_volume
 
feldvolk_iphone_6_shell_sim_power
 
以前流出したほかの画像でも見られたように、Appleのロゴはくり抜かれていて、この穴はNFCアンテナ用というのが、Feld & Volkを含む一般的な見解です。しかしNFCではなくBluetooth 4.0を搭載するという説も根強く、製品が出るまではわからないのが正直なところです。
 
また背面パネルの上下には、アンテナ用と見られるラインがはっきり写っており、これらにはそれぞれのアンテナを保護するため、非導電ポリマーが使われているようだと、Feld & Volkは説明しています。

別ソースからの背面パネル写真は濃いグレー

iphone_6_shell_dark
 
MacRumorsが別の情報源から入手した写真に写っている、iPhone6背面パネルは濃いグレーで、現行のiPhone5sよりもかなり暗い色となっています。このパネルも製造過程の途中の段階のもののようで、一時的なネジ穴が写っています。
  
参照元: MacRumorsFeld & Volk
執 筆: lunatic

カテゴリ : iPhone6, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる