トップページ > 最新情報 > Apple、Samsungともに米スマホ市場でシェアを伸ばす
2014年7月4日 12時28分

読了まで 138

Apple、Samsungともに米スマホ市場でシェアを伸ばす

comscoresmartphoneoems


 
調査会社comScoreが現地時間7月2日に発表した、最新の米国スマートフォン市場調査によると、2014年5月までの3ヵ月間平均では、Appleが契約者のシェアを0.6ポイント伸ばし、41.9%で首位を維持していることがわかりました。

シェアを伸ばしたのはAppleとSamsung

契約者シェア上位5社で見ると、シェアを伸ばしたのはAppleと、0.8ポイント増のSamsungのみ。Motorolaは横ばいで、LGとHTCは揃って0.3ポイント落としています。
 
2014年5月までの3ヵ月間に米国でスマホを所有していたのは1億9,600万人(モバイル市場浸透率は70%)で、前回の2月の調査時から4%増えています。

OSではAndroidがトップ、ただし成長は横ばい

comscoresmartphoneplatforms1
 
OS別では、Androidが52.5%で依然としてトップですが、前回の調査時からは横ばいとなっています。一方Appleは41.3%から41.9%と、0.6ポイントシェアを伸ばしました。Microsoftも変化なし、BlackBerryとSymbianはそれぞれ0.6ポイント、0.1ポイントのマイナスとなりました。
  
参照元: comScore
執 筆: lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる