トップページ > 最新情報 > KDDI(au)、今期最多MNP転入数で「23か月連続首位」
2013年9月7日 11時12分

読了まで 143

KDDI(au)、今期最多MNP転入数で「23か月連続首位」

携帯電話各社が6日に発表した2013年8月末時点の携帯電話契約数は、ソフトバンクモバイルが20か月連続首位となりました。またMNP(ナンバーポータビリティ)の転出入では、KDDI(au)のMNPの転入超過数が23か月連続首位に。NTTドコモは苦戦が続いています。
 

ソフトバンクは契約数で20か月連続首位


各社の契約純増数(2013年8月) 
携帯電話契約数はソフトバンクモバイルが25万300件で20カ月連続の首位、KDDI(au)が20万9,200件、NTTドコモが4万3,000件でそれぞれ純増。NTTドコモは2ヶ月連続の純増となりましたが、17万2,500件増加した7月期から落ち込んでいます。
 

MNPではNTTドコモから転出続く


各社の MNP 純増数(2013年8月) 
MNP(ナンバーポータビリティ)による契約者の転出入結果によると、KDDI(au)が8万7,700件、ソフトバンクモバイルが5万6,800件の転入超過となりました。MNP転入超過数で23か月連続首位となったKDDI(au)は、今期最多のMNP契約純増数を記録しました。
 
一方、NTTドコモは2013年7月(11万2400件の転出超過)よりも悪化し14万5,000件の転出超過で、転出超過は55カ月連続。苦戦が続くNTTドコモですが、6日に報じられたNTTドコモのiPhone参入が現実になれば、国内キャリアの勢力図は変わるかもしれません。
 
参照元:電気通信事業者協会
執 筆:あちゃ

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる