トップページ > iOS > iOS8のSafariパスワード共有機能でアプリへのログインが簡単に!
2014年6月14日 09時55分

読了まで 150

iOS8のSafariパスワード共有機能でアプリへのログインが簡単に!

iOS8app


 
iOS8では、Safariで保存したユーザー名とパスワードを、iOSアプリが共有できる機能が新たに装備されています。つまり以前閲覧したウェブサイトと関連するアプリに、簡単にログインできるようになるのです。

パスワード共有機能でログインがスムーズに

たとえば、MacまたはiOSのSafariでGmailにアクセスし、Safari上でパスワードを保存する設定を選択したとします。すると次にiOSでGmailにログインする際、1度タップするだけでログインできるようになります。
 
Appleは世界開発者会議(WWDC)において、「Shiny」という実験用ウェブサイトとアプリを使ってデモを行いました。
 
アプリと関連するウェブサイトがあれば、どんなサードパーティのアプリでも、この簡易化ログインの恩恵を受けることができます。ユーザー側としては、毎回ユーザー名とパスワードを入力する手間が省けるようになります。

iCloud Keychainとも同期

Safariのパスワード共有機能は iCloud Keychainとも同期しているため、Macを含むすべての端末から、Safariで保存した信用情報にアクセスすることが可能です。
 
またAppleは世界開発者会議で標榜した「Continuity」の一環として、たとえばMacで途中まで行った作業をiPadで継続したり、iPhoneでやりかけたゲームの続きをiPadでプレイできるといった、アプリやタスクのシームレスな移行を目指しており、Safariにおけるパスワード共有機能はその一部といえます。
  
参照元: MacRumors
執 筆: lunatic

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる