トップページ > Apple Watch > iWatchは一部の機能をiPhoneと連携するスマートウォッチなのか?
2014年6月11日 01時30分

読了まで 22

iWatchは一部の機能をiPhoneと連携するスマートウォッチなのか?

次期iPhoneと言われるiPhone6と同様に、アップルの新しいiOSデバイスとして注目されているiWatchですが、どちらの製品も6月2日に開催されたWWDCの中では発表がありませんでした。そんな中、iWatchの新しいコンセプト・デザインが、海外の有名デザイナーが集まるYANKO DESIGNで公開されました。なお、このコンセプト・デザインはアップルの非公式デザインとなります。
 
iwatch_concept

一部機能はiPhoneとの連携が必要か

デザイナーのEdgar Rios氏はデザインしたiWatchについて、現在のiOS7やiWatchのリーク情報を元にデザインしたと説明があります。それ以外に液晶ディスプレイのサイズや、搭載されているバッテリー容量やストレージ容量など、詳しいスペックの説明はありませんでした。
 
iwatch_concept
iPhoneやiWatchで健康管理ができるようになると話題のhealthアプリが搭載されるようです。
 
iwatch_concept
ロック画面では、通知センターで受信したメールなどを確認することができます。通知センターには、こんな感じで表示されるようです。
 
iwatch_concept
音楽を再生している画面ですが、少し気になるのが上部にある「iPhone」という表示です。もしかすると、iWatch自体には、音楽を保存するだけのストレージを搭載することができず、iPhoneをリモートで操作するのかもしれません。
 
他にも今回紹介したiWatchのコンセプト・デザインでは、iSightカメラやTouch IDなどが搭載されていないようです。もしかするとすでに市販されているスマートウォッチのように、一部の機能はiPhoneとiWatchをBluetooth接続して利用するのかもしれません。
 
iwatch_concept
iWatchのいろいろなコンセプト・デザインがこれからも登場してくることでしょう。またiWatchが発売される言われている9月近くなると製品の一部がリークされたりと、ますます話題になってくると思います。これからもアップルの動向とリーク情報に目が離せなくなりますね。
 
 
参照元:YANKO DESIGN
執 筆:KSM

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる