トップページ > Apple Watch > アップル、iWatchのリリースは9月、10月、いつ?
2014年6月8日 16時38分

読了まで 254

アップル、iWatchのリリースは9月、10月、いつ?

iWatch
WWDCではiWatchに関連する話題は全くありませんでしたが、iOS8やOS X Yosemiteの話題も一段落したところで多くのアップル関連のサイトがiWatchのリリース時期について取り上げています。Techmemeによりますと、この話題で68もの記事がアップされているようですが、これらの記事は以下の3つが情報源となっているようです。
 

Nikkei Asian Review (兼松雄一郎氏)

日本経済新聞でも詳細を伝えていますが、匿名のパーツサプライヤーの情報として、iWatchは曲面のタッチスクリーンを搭載し、メールを読んだり、健康に関する情報を収集できる模様です。具体的にはカロリー消費量や睡眠時間、血糖値や血中酸素濃度などの情報を収集するとしており、情報ソースは定かではありませんが、今年10月にリリースされる予定で、アップルは既に関連パーツを月次で300〜500万台分を発注していると報じています。
 

技術系ニュースサイト Re/Code (John Paczkowski氏)

John Paczkowski氏はアップルの事業プランに詳しい関係者からの情報として、iWatchのリリースが10月で確定とは言い切れないと報じています。アップルはスペシャルイベントを10月に開催したいと考えているようですが、状況は変化しておりリリースのタイミングの可能性としては今から秋の間というのが確実だとしており、10月が確定とはまだいえないと警告しています。また、Engadgetに記事を寄稿していた元ノキアのStefan Constantine氏は、日経がiWatchのリリースを10月だと報じたとしても、何ら確証はなくPaczkowski氏の警告を無視しているようだとTwitterでツィートしています。また、Paczkowski氏が10月だといえば、10月に開催されるだろうともツィートしています。
 

金融サービス会社 Cantor Fitzgerald (Brian White氏)

以前の記事でも紹介していますが、Cantor FitzgeraldのアナリストBrian White氏は匿名のサプライチェーンの情報から、iWatchは10月ではなく、9月に次期iPhone6と同時にリリースされると予想しクライアントにレポートしています。同氏によればiWatchのコンポーネントの一部は今月下旬に生産が開始され、今秋に向けて急ピッチで増産されることになると述べています。また、同氏はiWatchはいくつかのモデルが準備され199ドル〜229ドル(約2万円~2万3,000円)の価格帯で販売されるとも予想しています。
 
それぞれ、三者三様の予想がありますので、ここではあえてリリースの時期や価格などについては触れませんが、どのような製品がリリースされるとしても上の写真にあるような製品になることはあり得ませんね。
 
アップル製品は外観もエレガントですし、ワイヤレスに他の機器と連携することになるでしょう。また、アップルはパルスオキシメーター、血糖値測定キット、心拍数モニター装置などの周辺機器は製造していませんから、当然ですが競業企業ではなく、多くの協業パートナー企業が必要になります。
 
iWatchがメインとするターゲットはヘルスクラブというよりも、病院ということになります。WWDCでも発表されたHealthアプリはユーザーである患者と医者にさまざまな警告や注意を与えることになります。実際、アップルは既にアメリカで著名な総合病院であるMayo Clinicと提携し、HealthKitを通じて複数のセンサーを活用し実証実験を行っています。
 
iWatchのリリースが9月であれ、10月であれ、今秋発表されることはほぼ確実だと思われますし、これまでにない非常に楽しみな製品であることは間違いないでしょう。
 
 
参照元 : Fortune
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる