トップページ > 最新情報 > ソフトバンク、「スマ放題」発表!ドコモとの差別化ポイントは3つ!
2014年6月8日 01時00分

読了まで 345

ソフトバンク、「スマ放題」発表!ドコモとの差別化ポイントは3つ!

ソフトバンク「スマ放題」

 
ソフトバンクは2014年6月7日、新料金サービス「スマ放題」を7月1日から開始すると発表しました。余ったデータ容量を翌月に繰り越せる「データくりこし」と、契約期間に応じてTポイントの付与率がアップする「長期継続ボーナス」が先行するドコモの「カケホーダイ&パケあえる」との差別化ポイントとなっています。提供に先立ち、6月11日から事前予約の受付が開始されます。

提供開始を延期した「スマ放題」、改めて提供の舞台裏?

ソフトバンクは、「スマ放題」の提供を一度発表しましたが、ドコモが「カケホーダイ&パケあえる」を発表したのを受けて、「競争環境の変化」を理由に提供開始時期を延期していました。
 
携帯電話ではシェアを落とし続けているとはいえ最大キャリアのドコモ、固定回線をほぼ独占するNTTグループと違い、ユーザーが他社に音声通話すると他社に「接続料」を払う必要が生じるソフトバンクやauは、「かけ放題」に必ずしも積極的ではなかったと推測されます。
 
しかし、ドコモの「カケホーダイ&パケあえる」が既に200万契約を超える反響を呼んでおり、対抗上、早期に導入する必要があるとの判断があったと考えられます。

通話定額、パケットデータ量などはドコモと同内容

ソフトバンクの発表した「スマ放題」の内容は、音声通話が定額となる「基本プラン」、データ通信料金の「データ定額パック」、家族内でデータ容量を分け合う「家族データシェア」、25歳以下のユーザーの基本使用料割引とデータ量を追加する「U25ボーナス」はドコモと同内容です。
 
例えば、iPhoneの場合「通話し放題プラン(スマートフォン)」は月額2,700円で他社への通話を含む国内音声通話が無料となります。
 
「スマ放題」基本プラン
 
「データ定額パック」は、最小の2GB・月額3,500円から最大となる30GB・22,500円まで、6段階から選択可能です。上限を超えた月は、通信速度が最大128kbpsに低速化され、1,000円で1GBぶんの通常速度による通信量を購入することができます。
 
「スマ放題」データ定額パック
 
代表回線で契約しているデータ量を家族で共有する「家族データシェア」の利用には、子回線1回線につき500円が必要で、10GB以上のデータ定額パックを分け合うことができます。この場合、後述する「データくりこし」「家族おトク割」との併用はできません。「家族データシェア」は8月1日に提供が開始されます。
 
「スマ放題」家族データシェア
 
25歳以下の利用者について、月額基本料を500円割引、データ量を1GB追加する「U25ボーナス」もドコモと同内容です。
 
「スマ放題」U25ボーナス

ドコモとの差別化は「データくりこし」「家族おトク割」と長期契約サービス

上述のように、「スマ放題」には先行するドコモと同内容となる部分も多いですが、ドコモとの差別化のポイントが3つあります
 
1つ目は余ったデータ量を翌月に繰り越せる「データくりこし」、2つ目は利用回線数に応じてデータ料金を割引する「家族おトク割」、3つ目はソフトバンク契約期間に応じてTポイント付与率を優遇する「長期継続ボーナス」です。
 
「データくりこし」は、余ったデータ通信量を100MB単位で翌月に繰り越し可能で、5GB以上のデータプランが対象です。ただし「家族データプラン」「U25ボーナス」との併用はできないため、26歳以上の単身利用者にメリットがあるサービスと言えそうです。
 
「スマ放題」データくりこし
 
「家族おトク割」は、利用回線数に応じてデータ定額パックの料金を2年間割引するもので、家族合計のデータ量合計が10GB以上の場合に適用となります。提供開始は8月1日です。
 
「スマ放題」家族おトク割
 
「家族おトク割」は、「家族データシェア」「U25ボーナス」との併用ができません。家族のデータ通信量によって「家族おトク割」と「家族データシェア」のどちらがお得か変わってくるため、データ通信量の傾向を把握して検討すると良いでしょう。
 
「長期継続ボーナス」は、毎月の利用料金に応じて付与されるTポイントの付与率が優遇されます。契約期間2年目までは利用料金1,000円あたり5ポイント、3~10年目は2倍の10ポイント、11年目以降は5倍の25ポイントが付与されます。「長期継続ボーナス」については、6月7日時点では「提供時期は別途ご案内」と発表されています。

 
「スマ放題」長期継続ボーナス
 
「家族データシェア」に加入している場合、回線ごとに契約期間に応じてTポイント付与率が優遇されます。そのため、「家族データシェア」を利用する場合には、Tポイント付与率が最大となる最長契約者を代表回線にすると有利です。
 
なお、ドコモの長期契約者優遇「ずっとドコモ割」は、家族でデータ量を分け合う「シェアパック」料金が5年以上利用者で月額300円割引など、月額料金から一定額を割引く方式です。

iPhone6発売の9月、各社の競争が激化か

先行したドコモに対し、ソフトバンクが「データくりこし」「家族おトク割」「長期継続ボーナス」で差別化をはかって通話定額プランに参戦しました。auもドコモと同様のプランで追随すると報じられています。
 
ドコモが口火を切った「かけ放題」プランで大手キャリア3社が激突し、iPhone6発売が見込まれる9月に向けて、各社の競争が激化することは確実でしょう。各社の動向に注目が集まります。
 
 
参照元:ソフトバンク
執 筆:hato

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる