トップページ > 最新情報 > ソフトバンク、米携帯4位のT-モバイルを3.3兆円で買収!iPhone6確保も有利に?【追記】
2014年6月5日 13時30分

読了まで 158

ソフトバンク、米携帯4位のT-モバイルを3.3兆円で買収!iPhone6確保も有利に?【追記】

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ソフトバンク、米携帯4位のT-モバイルを3.3兆円で買収
 
アメリカの複数メディアによると、ソフトバンクは子会社でアメリカ携帯電話3位のスプリントを通して同4位のTモバイルを買収することで合意した模様です。買収額は320億ドル(約3兆3,000億円)と見られており、合併後はアメリカの携帯電話業界においてベライゾン、AT&Tの2強に対抗する勢力となります。買収のスケールメリットでiPhone6の端末調達が有利になれば、私たち日本のユーザーにもメリットのある話になるかもしれません。

アメリカ携帯業界地図を塗り替える大型買収

スプリントによるTモバイル買収の動きは、昨年12月に米紙が報じ、アメリカの通信業界再編の動向に注目が集まっていました。その後、4社体制が崩れることに対する政府側の懸念が伝えられるなど、一時期は交渉が難航していた模様でしたが、ついに大型買収に道筋がついたことになります。
 
買収後の契約数等の順位はベライゾン、AT&Tに次ぐ3位ですが、これまでトップのベライゾン、2位のAT&Tの「2強」と3位スプリント、4位T-モバイルの「2弱」だった業界地図が「3強」に塗り替えられ、競争が激化する可能性もあります。
 
今回の報道はあくまでも大筋合意であり、正式な発表までには時間がかかると見られますが、今後の動向から目が離せません。
 

ソフトバンク 発表会

ソフトバンク発表会の模様


【追記】2014年6月5日14:45
本日行われたソフトバンク発表会で「ソフトバンク25年越しの悲願「感情を持ったロボット」pepperを発表」しました。発表の最後で質疑応答があり、「T-モバイル」の買収の件について質問が出ましたが、「今日はコメントを差し控える。」としました。
 
 
参照元:The Wall Street JournalCNBCBloomberg
執 筆:hato

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる