2014年4月の米国スマホ契約者数、Appleのシェア微減、じわじわ迫るSamsung - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 2014年4月の米国スマホ契約者数、Appleのシェア微減、じわじわ迫るSamsung
2014年6月5日 08時48分

読了まで 145

2014年4月の米国スマホ契約者数、Appleのシェア微減、じわじわ迫るSamsung

comscore-april-2014-top-smartphone-manufacturers

 
2014年4月における米国スマートフォン市場調査(2014年2月~4月の3ヶ月平均)によると、Appleが契約者の41.4%のシェアを獲得し、トップの座を維持していることがわかりました。しかし2位のSamsungが少しずつその差を詰めています。

Apple、41%以上のシェアを維持

市場調査会社comScoreによると、Appleのシェアは前回1月の調査時から0.2ポイント減の41.4%、一方Samsungは同1ポイント増の27.7%でした。上位5社のうちシェアを伸ばしているのはSamsungのみで、Appleを含むほかのメーカーは軒並みシェアを落としています。

OSではAndroidが5割以上のシェア

一方OS別では、Androidが52.5%と、前回の調査時より0.8ポイントシェアを伸ばしています。Appleが0.2ポイント減、BlackBerryが0.6ポイント減とともにシェアを落とすなか、もとのシェアが小さいとはいえMicrosoftが0.1ポイント増となり、BlackBerryを抜いて3位に浮上しました。
 
comscore-april-2014-top-smartphone-platforms

アプリではFacebookがダントツの首位

スマホユーザー間での人気アプリ上位15位では、調査対象者の74.1%が使用しているFacebookが圧倒的な1位となりました。2位はGoogle Playで50.9%、3位はYouTubeで49.7%でした。
 
comscore-april-2014-top-smartphone-apps
  
参照元: comScore
執 筆: lunatic

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる