トップページ > 最新情報 > タブレット端末利用者満足度1位はアップルのiPad mini!
2014年5月30日 00時23分

読了まで 151

タブレット端末利用者満足度1位はアップルのiPad mini!

2014年5月28日、株式会社ICT総研はiPadをはじめとするタブレット端末市場の需要動向調査結果を発表しました。
 
タブレット端末 調査

国内ではまだまだタブレット端末が伸びる?!

2013年度のタブレット端末国内出荷台数は713万台と過去最高を記録。今回の需要動向調査結果に基づく予測では2016年度には国内出荷台数が1,170万台にも及ぶ見込みとなっており、タブレット端末普及率は今後さらに伸びて行くものと予想されます。また、今後のタブレット端末は個人利用の域に留まらず、教育機関やビジネス現場での活用も近年注目を浴びており今後は団体利用が拡大していくことも考えられます。
 
タブレット端末の機種に関してはiPadとAndroidタブレットが人気を二分しており、2013年時点ではiPadがわずか40,000台差でトップシェアをキープしていますが、2014年以降はAndroidタブレットがiPadを上回ることが予想されています。
 
タブレット端末 満足度

顧客満足度の高い機種は1位iPad mini、2位がiPad

各端末利用者のタブレット端末利用満足度における調査では、AppleのiPad mini、iPadが1位と2位を占める結果となりました。低価格が魅力とされるAndroid端末は利用者のシェアを広げてはいるものの、すでに利用している人からの顧客満足という面においては最下位という結果になっています。
 
また、現在タブレット端末の所有者は全体の約30%という結果となっています。しかし、今後はノートPCの代わりに気軽に使えるタブレット端末の購入を検討する高齢層の方も多く、所有率は今後も上昇していくものと考えられます。
 
参照元:株式会社 ICT総研
執 筆:chappy

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる