トップページ > iOS > アップル、iPhoneで家電製品をコントロールする新たなプラットホームをWWDCで発表か
2014年5月27日 19時12分

読了まで 26

アップル、iPhoneで家電製品をコントロールする新たなプラットホームをWWDCで発表か

Smart Home
アップルはiPhoneを照明やセキュリティシステムをはじめ、家庭にある電気製品のリモコンに変える新しいソフトウエア・プラットフォームを開発しており、来週開催されるWWDC(世界開発者会議)で発表するようだとThe Financial Timesが伝えています。

iPhoneをリモコンとして使える家電製品は既にポピュラー

iPhoneを使って家庭にある電気製品をコントロールすることは既に多くの機器で可能となっており、例えばPhilips hue LEDランプ、Nestのサーモスタットなどがポピュラーとなっています。しかし、今回アップルはこれらの機器を集中的にシームレスにコントロールできる、新しいプラットフォームを発表する模様です。

iPhoneがさらに進化したリモコンに変身

The Financial Timesは、アップルが発表する今回の統合されたシステムでは、iPhoneからの初期のセットアップは簡単で、新しい「スマートホーム」機器のコントロールを可能にすると伝えています。このシステムを利用すると、例えば家に帰り部屋に入ると、iPhoneが無線で機器に信号を送り、自動的に照明が点灯したりするようで、アップルはこのシステムの特許を昨年の11月に取得していました。

MFiプログラムとは別のブランディングで展開

今回のプラットフォームはアップルがiPhoneやiPadなどのiOS機器と、さまざまな機器アクセサリーの互換性を認証するMFiプログラムを拡張したものと考えられるのですが、報道によりますとMFiプログラムとは違う、別のブランドで展開される予定のようです。ただし、今回の報道ではどのようなソフトウエアや機器をサポートし、技術的にはどのような方法でiPhoneと連携するのかなどの詳細はまだはっきりしていません。

Bluetooh LE、iBeacon技術を利用か

報道では来週開催されるWWDCで発表されるとのことです。今回のプラットフォームではBluetooth LEやiBeaconの技術が利用されると考えられますが、次期iPhone6ではNFCが搭載されるとの噂もあり、どのような手法で「スマートホーム」が実現するのか非常に気になります。
 
 
参照元 : 9to5Mac
執 筆 : リンゴバックス

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる