トップページ > 便利グッズ > iPhoneと連携して10分毎に気温と湿度を記録する熱中症・紫外線対策グッズ!
2014年5月27日 23時28分

読了まで 23

iPhoneと連携して10分毎に気温と湿度を記録する熱中症・紫外線対策グッズ!

2014年5月27日、株式会社デザインファクトリーと株式会社デバイスネットは10分毎に気温や湿度を測定しiPhoneアプリと連携することで熱中症や紫外線についての注意喚起を行ってくれるグッズ「i-熱中症計」と「i-UVチェッカー」の発売を発表しました。なお、発売日は2014年5月30日となっています。
 
i-UVチェッカー

夏に向けての熱中症、日焼け対策に使えるグッズ

「i-熱中症計」と「i-UVチェッカー」はそれぞれがリアルタイムで取得した気温や湿度のデータを独自手法で集計し熱中症対策、紫外線対策についての注意を喚起、予防法を伝えてくれるアプリです。さらに、集計するデータやアプリ内でフィードバックする内容については日本気象協会が監修をつとめています。
 
2つとも専用の無料アプリをダウンロードしiPhoneと端末をBluetooth接続することですぐに使用開始可能です。重量は約25g(本体のみ)と軽量なので、手軽に持ち運べます。
 
これから夏に向けて気温が高くなっていくため、小さい子どもや高齢の方がいる家庭では重宝するアイテムではないでしょうか。
 
i-熱中症計

「i-熱中症計」「i-UVチェッカー」の価格

「i-熱中症計」「i-UVチェッカー」はそれぞれ3,600円(税別)となっており、アマゾンをはじめとするオンラインショップで購入することができます。毎年夏になると熱中症での緊急搬送のニュースが多くなりますが、「i-熱中症計」「i-UVチェッカー」のようなグッズは、持ち歩いてアプリをチェックするだけで予防方法を案内してくれるため、熱中症や日焼けの事前対策に役立ちそうです。
 
「i-熱中症計」「i-UVチェッカー」の電源にはコイン式電池を採用しており、使用環境によって異なりますが、1日4時間の使用で約6ヶ月使用可能です。
 
以前熱中症になってしまった方や、日焼けが気になる方はiPhoneと連携して熱中症、紫外線対策を行うことができるグッズ「i-熱中症計」「i-UVチェッカー」をチェックしてみてはいかがでしょうか。
 
参照元:株式会社デザインファクトリー
執 筆:chappy

カテゴリ : 便利グッズ, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる