iPhoneをインテリア照明の上に置いてスキャナーとして使う! - iPhone Mania
トップページ > 便利グッズ・Apple製品向けアクセサリー > iPhoneをインテリア照明の上に置いてスキャナーとして使う!
2014年5月22日 14時14分

読了まで 155

iPhoneをインテリア照明の上に置いてスキャナーとして使う!

2014年5月21日、株式会社PFUは専用iPhoneアプリとBluetoothで接続して、iPhoneのカメラをスキャナーとして使うことができるデスクライト「SnapLite」を発表しました。なお販売開始は2014年5月28日からとなっており、対応機種はiPhone5/5s/5cの3種類となっています。
 
iPhone スキャン アプリ

iPhoneをデスクライトの上部に乗せ、スキャナーとして使える!

「SnapLite」の使い方は簡単。まずはiPhone内のアプリを起動させ自動で「SnapLite」本体とBluetooth接続します。次にiPhoneを「SnapLite」の上部に”置く”ことでアプリ内のカメラが起動。最後に「SnapLite」の足元にあるボタンを押せばカメラが数秒後にシャッターを切り、撮影した被写体をデータ化して保存することができます。
 
「SnapLite」は専用アプリの設定さえ行ってしまえばいつでも気軽にiPhoneをスキャナーとして利用することができるデスクライトです。また、撮影時もアプリ内から光の具合を調整できるため、被写体を綺麗に撮影し、データ化して保存することができます。
 
iPhone スキャナー

デスク上で整理する名刺や手書きメモをiPhoneで簡単スキャン!

「SnapLite」を活用すれば、名刺や手書きメモなどの”紙類”をデータ化するだけでなく、立体的な”モノ”も撮影することができるので、HPやデータ資料に利用する素材を用意することも簡単になります。
 
なお「SnapLite」の価格は12,800円(税込)となっており、専用のアプリは無料でダウンロードすることができます。iPhoneをスキャナー代わりに使いたい方は自分のデスクの照明としても利用することができる「SnapLite」を検討されてみてはいかがでしょうか?
 
参照元:SnapLite
執 筆:chappy

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる