トップページ > 最新情報 > アップル、独自のコンテンツ配信ネットワーク構築のためプロバイダと交渉中!?
2014年5月21日 06時23分

読了まで 153

アップル、独自のコンテンツ配信ネットワーク構築のためプロバイダと交渉中!?

iCloud


 
アップルが、自社のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)構築のため、アメリカ国内の大手インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)と交渉中のようです。CDNとISP業界に詳しいアナリストDan Rayburn氏が、自らのブログに書いています。
 
コンテンツ配信ネットワークとは、動画や音楽などのデジタルコンテンツを効率よく配信するために構築されたもので、複数のサーバを連携させることで、多くのユーザーにすばやく配信できるようになっています。

アップルがいよいよ独自ネットワーク構築に乗り出した!?

アップルはこれまで、iTunesやApp Store、iCloudなどのコンテンツ配信に、アカマイ・テクノロジーズやLevel 3などのCDN事業者を利用してきました。ところが現在、自社ネットワークを構築すべく準備を進めていると、Rayburn氏は報告しているのです。
 
Rayburn氏は「社名は明かさない」としていますが、アップルは現在、プロバイダのネットワークに有料で接続する契約について、交渉中とのことです。また今回独自ネットワーク構築を進めている理由は、iCloudのパフォーマンス向上と、エンドユーザー「体験」をより詳細に把握するためではないか、と氏は分析しています。
 
アップル以外でも、マイクロソフト、Pandora、Yahoo、Ebay、Facebook、Amazon、Netflixなどが、有料で主要プロバイダのネットワークに直接接続する契約を交わしています。Netflixは無料での接続を求めてプロバイダ各社ともめていましたが、結局VerizonとComcastには支払うことで合意しています。

  
参照元: StreamingMediaBlog.com
執 筆: lunatic

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる