トップページ > iOS > iOS8でiPadの画面分割とマルチタスクが可能に!?
2014年5月14日 09時23分

読了まで 215

iOS8でiPadの画面分割とマルチタスクが可能に!?

multitasking_air


 

アップルのソフトウェア開発に詳しい関係者の話として、iOS8ではiPadでの画面分割とマルチタスク機能が実現する可能性が高いと、9to5Macが報じています。
 
これまでアップルが開発したアプリ、またはApp Storeで入手可能なアプリは、フルスクリーンビューでしか使用することができませんでした。新機能が追加されれば、2種類のアプリを同時に操作できるようになります。

マルチタスク機能ではSurfaceが先行

マイクロソフトSurfaceのタブレットでは、スナップ機能を使用してマルチタスクを実行できます。複数のアプリを同時に使ったり、切り替えて使用することができます。この機能は特に企業や、複数のタスクを同時に処理したいユーザーの間で人気があります。
 
マイクロソフトはSurfaceとiPadを比較するコマーシャルを制作し、マルチタスク機能の便利さを強調しているほどです。
 

いよいよ「XPC」が実現?

9to5Macによれば、アップルが開発中のiOS8では、2種類のアプリが同時に使用できるだけでなく、アプリ間でのデータのやり取りも容易になるそうです。たとえば、片方のアプリのテキストや動画、画像などのコンテンツをドラッグし、もう一方のアプリへと簡単にドロップできるようになるとされています。アップルはまた、開発者が互いのアプリ間でやりとりできるようにする機能を開発中と言われています。これは「XPC」と呼ばれる、App Storeのアプリ間でのコンテンツ共有を実現する新しい機能です。
 
画面分割はディスプレイサイズが9.7インチ以上のiPadが念頭に置かれており、iPad miniでサポートされるかは不明とのことです。また横向き表示のみの対応となるそうです。
 

新機能盛りだくさんのiOS8

iOS8ではこの他にもいくつもの新機能が追加されると見られています。医療関連およびフィットネス関連端末やアプリと連携し、血圧や心拍数、摂取カロリーなどを測定、記録するHealthbookアプリのほか、iCloudと連携してiPhoneやiPadの文書やメモを管理できるアプリ、地図や公共交通機関の乗り換え案内のアプリも開発中といわれています。
 
ただし画面分割とマルチタスク、公共交通機関の乗り換え案内などの一部機能については、iOS8.1へ持ち越されるか、開発中止となる可能性も否定できないと9to5Macは報じています。
  
参照元: 9to5Mac
執 筆: lunatic

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる