Apple、オンライン注文品の返金日数を「10日→7日以内」に短縮! - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、オンライン注文品の返金日数を「10日→7日以内」に短縮!
2014年5月13日 15時58分

読了まで 26

Apple、オンライン注文品の返金日数を「10日→7日以内」に短縮!

Apple 返金日数 短縮


ロイターは、Appleがユーザへの返金期間をより短縮することになったと報じています。
 
Appleはこれまで、返品依頼を受けてから10日以内に返金することを約束していましたが、Appleオンラインストアから製品を購入したユーザーは、返金の還付期間が「7日以内」で払い戻しを受けられるようになりました。
 
さらにAppleは今回、オンラインストアからの返品希望であれば、FedExの2日間配送を利用出来るようになったとのことです。
 
同紙によると、Appleは2013年11月に返金期間の短縮を開始していましたが、その時期に限定した一時的なサービスと考えられていました。今回の動きは長期的な利益に向けての大規模な先行投資が開始されたと、アメリカの業界専門家は語っています。
 
Apple 返金日数 短縮

新作iPhone6の発表を前に、さらに顧客満足度を高める!Amazonの成功法から学んだApple

また同紙は、AppleのライバルとなるAmazonが実践している方法を利用することで、今回の短縮は実現したと解説しています。
 
Amazonの方法とは、一部の顧客がアイテムを返さないという不正行為を防ぐ為の管理会社を構えることで、アイテムが移動中である場合は輸送を即座にストップさせることも同時可能とするものです。
 
今回の件について同紙記者が各社に問い合わせたところ、Amazonの広報担当ジュリー・ロウ氏は企業が競合他社についてはコメントしないと述べており、Fedexの広報担当はお客様(Apple)の契約に公に話すことは拒否しているようです。
 
Apple 返金日数 短縮
今回の「返金期間短縮」の目的は、次期Appleの主力製品「iPhone6」発売を前に、オンラインで購入するユーザーへの満足度と安心を与えるだけでなく、Amazonなどの競合他社よりもサービスの差別化を図り、さらに多くの顧客を誘引したいというものです。
 
このような動きは、Appleが世界的な企業としての責任や決意の表れとしてユーザにも伝わり、製品の価値がより高まっていくことでしょう。今後のAppleのサービス向上に期待が集まります。
 
 
参照元:Reuters
執 筆:iCHI

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる