トップページ > iPhone5s > iPhone5Sは31%スピードアップでさらにサクサク動く!
2013年8月27日 02時44分

読了まで 225

iPhone5Sは31%スピードアップでさらにサクサク動く!

iPhone5S 
アップルのスペシャルイベントが近づくにつれ、発表されるiPhoneの内部コンポーネントについての新しい情報が明らかになってきました。
 

iPhone5Sは31%高速化

FoxニュースのClayton Morris氏はTwitterで、新しいiPhone5SのA7プロセッサーは、既存のiPhone5で使用されているA6プロセッサーと同様にデュアルコアのままですが、31%高速化していると述べたようです。
 

試作機は64ビットで動作

また、従来のプロセッサーとの一番大きな違いは試作機では64ビットで動作していることで、指紋認証センサーを組み込んだプロトタイプではiOS7のアニメーションやインターフェイス、グラフィカルな効果がこれまでのiPhoneと比べて、よりスムーズに動いているとのことですが、アップルが今回のiPhone5Sで発表するのか、引き続きテストを行うのかは明らかではないようです。

同じA7プロセッサーはこの後に発表を控えている第5世代のiPadでも搭載されると予想されています。

KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、64ビットを採用するのは今回のA7プロセッサーではなく、もう少し先のA8プロセッサーになるだろうと最近のレポートで予想していましたが、アップルは既にiPhone5やiPhone5Sを使って64ビットをテストしており、2014年に発表するiOS端末には確実に採用されることになりそうです。
 

秒間120コマのスローモーション撮影が可能

Morris氏は、iPhone5Sではカメラ部分のアップグレードが行われていて、モーショントラッキングが可能になっているともツィートしています。9to5Macでは以前にiPhone5Sでは新しく、秒間120コマのスローモーション撮影が可能になると予想していましたが、これが真実味を帯びています。
 

指紋認証センサーは確実

iPhone5Sでは新しいプロセッサーとカメラのアップグレードの他には、指紋認証センサーの搭載は確実のようです。ただし、テスト中のアップルのセンサーは指を滑らせて認証する方式ではなく、ホームボタンに指を押して認証する方式のようです。

この指紋認証センサーと決済方法との統合については、まだまだ検討する課題が多く時間がかかるもようで今回発表されることはないとのことです。ただし、アップルは決済を含めた将来の機能のベータテストを兼ねて、今回指紋認証をパスコードの代替手段として採用するとのことです。

iPhone5Sにシャンパンゴールドのカラーオプションと128GBが追加されるとの情報も確認されました。また、iPhone5Cについては内部コンポーネントと仕様はiPhone5とほとんど一緒だが、これまでのリーク情報の通りプラスチック製のリアパネルが特徴的になるとのことです。
  
参照元:9to5Mac
執 筆:リンゴバックス

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPhone5s, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる