トップページ > Apple Watch > アップルは発売するiWatchのページをすでに完成させていた!?
2014年4月26日 19時11分

読了まで 225

アップルは発売するiWatchのページをすでに完成させていた!?

iWatch_Site001
アップルがiWatchの販売のためのWEBサイトを公開しました。iWatchを購入するための「Buy iWatch」ボタンが用意されており、アップルマークが表示されているところをみるとアップル公認のサイトなのでしょうか。
 
実はこのサイト自体がコンセプト・デザインとなっています。iWatchとして紹介されているデザインも、WEBサイトのデザインもすべてがコンセプト・デザインなのです。このWEBサイトとiWatchのコンセプト・デザインは、frandicosta.comによって公開されました。まるで本物のようなこのWEBサイトは、実はサイト自体がコンセプト・デザインになっています。本当にアップルが作るページと同じようなデザインと構成になっていることから、本当はアップルが公開しているのではないかと勘違いしてしまいそうです。

これならすぐにアップルでも公開できる!

アップルのWEBサイトと同じようなデザインで作られていることから、アドレスを見ないと間違えてしまいそうです。
 
iWatch_Site002
またiWatchのコンセプト・デザインの完成度も高く、詳細のスペックについてまでも事細かく掲載されているところを見ると、これが本物だと言われても仕方ないような気がします。

iWatchのスペックを紹介

気になるiWatchのスペックですが、液晶ディスプレイが2.4インチ、640×740の解像度、腕にフィットするようにカーブがかかった液晶ディスプレイが採用されたようです。
 
iWatch_Spec_001
メインのチップセットは、iPhone5sと同じA7チップセットです。コプロセッサーのM7も搭載しています。64ビットアーキテクチャ対応についてもiPhone5sと同じスペックとなっています。
 
iWatch_Spec_002
 

 
Touch IDは本体から少しだけ下側のベルト部分に、Touch ID用のパネルが設置されています。
 
iWatch_Spec_003
バッテリーも約15時間も持つロングライフバッテリーとなっています。また通信環境もLTEとWi-Fiの利用が可能となっています。
 
iWatch_Spec_004
 
ほかにもiSightカメラや、Bluetooth対応のearpodsも付属されています。
 

 
iPhone5sを腕時計型に小型化させたような印象を受けるスペックに仕上がっています。iWatchも、本当にこのまま製品化されてもよいぐらいのレベルまで達しています。またWEBサイトもいますぐに公開できるクオリティの高さに、びっくりさせられます。
 
iOSデバイス比較
 
試しにBuy iWatchをクリックしてみました。そうしたらアップルストアのiPhone5sの購入ページに飛んでしまいました。はやくiWatchも試してみたいですね。
 
 
参照元:ifyoucouldseethefuture
執 筆:KSM

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる