トップページ > おもしろ ネタ > 話題騒然!アップル製マップアプリに巨大生物「ネッシー」が映り込んでいた!
2014年4月19日 20時05分

読了まで 218

話題騒然!アップル製マップアプリに巨大生物「ネッシー」が映り込んでいた!

海外の情報サイトMail Onlineは、アップル製のマップアプリに謎の巨大生物が映り込んでいたとネットで公表しました。巨大生物が映り込んでいた場所は「ネス湖」でした。そうこれはもしかするとネス湖のネッシーではないのかとネットで話題になっています。

ネッシーはねつ造だった

有名なネッシーの写真が撮影されたのは、1934年、ロンドンの医師ロバート・ウィルソンによるものでした。それから1994年の3月までは誰もがこの写真に写っているような巨大生物「ネッシー」がいると信じていました。しかしネッシーの写真を撮影した関係者、クリスチャン・スパーリング氏が死の床で、大胆なカミングアウトをしたのでした。そうこの写真はねつ造だったのです。それ以降でも、ネッシーの噂はなくならず、ネッシーの牙が見つかったりしていました。
 
有名なネッシーの写真

アップルの衛星写真に写った巨大生物

そしてここに来て、新たな情報が入ってきたのです。そうここに写っている水面の波紋のようなものが、ネッシーではないかと話題になっています。この写真はアップルがマップを作成する際に衛星を使って撮影したものです。撮影されたネッシーの大きさは50フィート(約15.24m)ほどの大きさもので、シロナガスクジラの約半分ぐらいと説明されていました。
 
この画像はiPhoneやiPadからも確認ができます。iPhoneやiPadで確認する際はこちらのURLをタップすると、マップアプリが起動します。マップが表示されたら航空写真に切り替えて見てください。
http://maps.apple.com/?q=57.399418,-4.340719
 
iPhone
iOS7.1にバージョンアップしたiPhone、iPadのマップアプリで、写っていることを確認しました。
 
また、Google mapでも閲覧してみましたが、同じ場所には何も写っていませんでした。ということは動き回っているものということなります。

ボート説を考えて見る

ネットでは、ボートが通った後の波紋ようにも見えるという人がいます。しかしボートだとすると、写っているはずのボートが写っていません。なのでボートが通った跡と見間違えてしまうということはないと思います。
 
この世の中には、まだまだ世界中には未確認動物「UMA」がたくさんいると言われています。北アメリカにいるビッグフットや、日本にいる河童、プエルトリコのチュパカブラなど、もしかするとアップルは、マップアプリを制作する過程で、公開できないものが写り込んでいる写真をたくさん保有しているかもしれませんね。
 
信じるか信じないかは、あなた次第です。
 
 
参照元:Mail Online
執 筆:KSM

カテゴリ : おもしろ ネタ, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる