2014年4月18日 11時52分

読了まで 148

【使い方】普通にバックアップするだけではダメ!忘れてはいけない”暗号化”の設定

修理や紛失を経験したことのある方は、バックアップの大切さを理解していると思います。定期的にバックアップをするだけでも、もしもの時にとても役に立ちますが、ただバックアップしているだけでは大事なデータを引き継げない可能性があります。
 
大事なデータを確実に引き継ぐために必要なのが、「iPhoneのバックアップを暗号化」です。

暗号化でできること

暗号化してバックアップする最大のメリットは、アプリ等のIDやパスワードを引き継ぐことができることです。これにはLINEなどのSNSアプリも含まれていて、大事なトーク履歴を引き継ぐことができます。

設定方法

iTunesでバックアップする際に下記の設定をするようにしましょう。
 

■「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック。

1

暗号化する分バックアップの時間はかかりますが、大切なデータをしっかり引き継げますし、復元にパスワードが必要になるためセキュリティ面でも安心です。
 
【豆知識】
バックアップの方法は2つ方法があります。ひとつはiCloudを使ったもので必要最小限のデータ保存が可能です。もうひとつがiTunesを介してPCに保存する方法で今回はこちらのケースで、さらに暗号化にチェックを入れることで全てのデータを保存する事が出来ます。いずれにしても壊れて愕然とする前に必ずバックアップを取るようにしましょう。
 
 
執 筆:nAmi

カテゴリ : 使い方 テクニック, 最新情報   タグ :
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる